banner-article-top

【転職志望者必見】給料1ヶ月分!?の再就職手当をもらう方法とは

image_4b9bdda

前回は、転職時に、収入が途絶えてしまうというリスクを軽減させる対策として、雇用保険を活用することをお伝えしました。

今回は、前回の基本手当の内容を深めるとともに、雇用保険の更なる保障についてもお伝えしていきます。

もしかすると、あなたの転職が、思いもよらない金額の給付を受けられるケースになるかもしれません。

事前に知識をつけ、いざという時に役立てられるようにしておきましょう♪♪

Part 1:転職前に確認しておかないと絶対損する『雇用保険』のヒミツとは

こんなにもらえる?!転職負担に備える手厚い保障の真実

夏美
所長!私も涼子さんも、前回の基本手当の受給資格があることがわかりました♪
吉永所長
よかったですね。ここからさらに給付の仕組みに迫りましょう。
涼子さん
さらに…と言いますと?
吉永所長
転職活動を行うにあたって、雇用保険を活用して受けられる保障は、実は基本手当(失業保険)だけではありません。

雇用保険には「基本手当」「再就職手当」「就業促進手当/基本手当(再)」など、手厚く転職を支援してくれる仕組みがあるんです。

thdb5rwkpi
夏美
え!!そ、そんなにたくさんお金をもらってしまって良いんでしょうか!?
涼子さん
夏美ちゃん、気持ちはわかるけど、目がお金になってるわよ!
夏美
あ、ついつい!所長、詳しく教えて頂きたいです!
吉永所長
2人とも、興味が深まってきましたね。

まずは基本手当から仕組みを見ていきましょう。

涼子さん
失業状態の時に対して給付される手当が基本手当でしたよね。
吉永所長
はい。基本手当は日額で計算されます。

原則、離職する直前の6か月間に支払われた賃金の合計金額を、

180で割った金額(賃金日額)

給付率(80~45%)や年齢層を加味して決定されます。

《基本手当日額の計算式及び金額》  

S_5543934214714

厚生労働省ホームページより

夏美
だから人によってもらえる金額が違うんですね!
吉永所長
夏美さん、前回(Part 1)の話、よく覚えていますね。その通りです。
夏美
はい、復習しておきました!

支給開始日や、その期間についてはどうなっているのでしょうか?

涼子さん
私もそれが気になります!
吉永所長
基本手当の支給開始日は離職理由によって異なります。

下に概要をまとめておきましょう。

基本手当の支給開始時期と期間

◆支給開始時期

解雇や定年等により離職した場合

後述(Part3)する必要書類を提出し、求職の申し込みをしてから7日間の失業している日(待期期間)が経過した後、振込により支給。

自己都合や懲戒解雇により離職した場合

後述(Part3)する必要書類を提出し、求職の申し込みをしてから7日間の失業している日(待期期間)+3か月(給付制限)が経過した後、振込により支給。

◆支給期間  

離職日の翌日から1年間。

1年の間に所定給付日数を限度として支給

受給期間を過ぎると給付日数が残っていても支給されません。  

~所定給付日数の目安~   

65歳未満の定年・自己都合退職・懲戒解雇の場合    thawd4z6lx

勤続10年未満…90日    

勤続10~20年…120日    

勤続20年以上…150日

※原則として4週間に1回、認定日があり、失業の認定を受ける必要があります。

 

涼子さん
なるほど。働いていなくても結構もらえそうな感じがしてきました。
吉永所長
ここにきて今更ですが、基本手当の意義とは何でしょうか。
夏美
基本手当の意義ですか?改めて聞かれますと、うーん…。
吉永所長
基本手当は「失業した人が、安定した生活を送りつつ、1日も早く再就職できるよう求職活動を支援するための給付」というところにあります。
夏美
そっか、転職活動あっての基本手当ってことですよね!

やっぱり転職するなら、自分としても早く決めたい部分てあるだろうし、基本手当に頼りっぱなしっていうのは良くないですよね。

icon011_ink_ink_li
吉永所長
わかってもらえたようで何よりです。

ではタイミングも良さそうなので、ここで次の保障についてお話したいと思います。

夏美
あ、そうでした!

雇用保険を活用して受けられる保障って、基本手当だけではなかったことを思い出しました。

ええと…

涼子さん
確か、再就職手当って保障もあった気がします。
吉永所長
涼子さん、覚えていましたね。

基本手当の受給資格を得た後、早期に再就職が決まった場合には、8つの条件の下、再就職手当の支給に切り替えが行われます。

再就職手当で支給される金額を求める計算式があるので、下に記載しておきます。

 

《再就職手当で支給される金額は…》

  S_5543638661635  4978-450x337    

 

夏美
す、すごいです!!

なんだか転職のお祝いを頂けるような気分になりますね♪♪

吉永所長
早期に再就職した場合は再就職手当の給付率も高くなります。

場合によって、前職での1カ月分のお給料以上の金額が給付されるケースもあるんですよ。

thttkii0vrthZPBWSKBR
夏美
お給料の1カ月分以上…!!

知らないまま、申請をしないで給付金をもらい損ねるって、本当に損ですね。

涼子さん
私も今知ることができて良かったです!

ただ、8つの条件というのが気になるのですが…。

吉永所長
そうですね、再就職手当を受け取る場合にも条件があるので、それを下にまとめておきたいと思います。

そして次回は、更なる雇用保険の活用法と、スムーズに給付を受け取れるコツについて学んでいきますよ♪

 

【再就職手当を受け取るための8つの条件】

1、就職日の前日までの認定を受けたうえで、支給残日数が1/3以上残っていること。

2、1年を超えて引き続き雇用されると認められること。

3、採用の内定が「受給資格決定日」(基本手当受給申請受け入れ日)以後であること。

4、「待機期間」が経過した後、職業についたこと。

5、「給付制限」がある人の場合には「待機期間」満了後の1カ月間はハローワークの紹介または厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者の紹介により職業に就いたこと。

6、離職前の事業主または関連事業主に雇用されたものでないこと。

7、過去3年以内の就職について、「再就職手当」、「常用就職支度手当」の支給を受けていないこと。

8、雇用保険の被保険者資格を取得していること。

thf2y8a3ky

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

image_4b9bdda