banner-article-top

相続問題なんて他人事だと思ってませんか?

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%91

【あなたの生命保険はかけすぎ!?】亡くなる時に必要なお金の実態

0ada8f0c4a8f572706f5c1a9c74f6aa5-e1458581087420-1024x331

このブログはFP事務所を舞台に、

3人のキャラクターがメインとなって、

お金や経済の知識を易しく解説します。

3%e4%ba%ba%e9%9b%86%e5%90%88

左✩吉永所長… 真面目で腕利きのFP事務所所長

中☆夏美さん…新人FP。明るく元気でちょっと天然

右☆三好さん…ごく普通のサラリーマン。妻子持ち(娘4歳)

シリーズを最初から読みたい方はコチラ

part1 生命保険料の適正価格は?

part2 亡くなると国からもらえるお金とは?

【amazonでも頼める!?】イマドキ葬儀の費用とは

part4 財産が少ない方が相続は揉める!?

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%93

夏美「前回は葬儀代について

   解説しました。

   シリーズ最後の今回は

  亡くなる時の

  お金のトラブルについて

   のお話です。」

三好「でも亡くなる時に

   お金でもめるのって、

資産家とかお金持ちだけで

僕達には関係ないんじゃ?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

夏美三好さん、

 甘いです!

  実は財産が

  5000万円以下の

 一般家庭8割弱が

 相続で揉めている

  です!

  それを証明するかのように、

  家庭裁判所の相続相談件数も

  年々増加しています。」

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%92

三好「意外!!

   そしてそんなに多いとは…」

吉永「比較的大きなお金が

   絡むことなので、それまで

   物静かで優しかった親戚や

   兄弟が、まるで別人のように

   なってお互いの主張を曲げず、

   全く話がまとまらない

   ケースもあるんです。

img_f5001f0684b81e39e1e69be97c518aca290185

  また、そこで大きく

  関わってくるのが

  相続税です。

相続税の基礎控除額

3000万+600万円×法定相続人数

生命保険金と死亡退職金の非課税枠は

500万円×法定相続人数

  です。

  例をあげますと、

  妻+子供2人の3人の場合

  遺産は4800万円までなら

  相続税はかかりません。

  また生命保険金も

  1500万円までなら

  税金はかかりません。

  もちろんそれ以上であれば

  税金はかかります。

  こう見ると実際に

  相続税がかかるのは

  ほんの一握りにすぎず

  今のところは

  亡くなった方のうち、

 わずか4%しか相続税は

 発生していません。

  もちろん、

  相続税も非課税枠が少なくなって

  今後相続税の負担が

  増える傾向にはあります。

  しかし先程もお伝えしたように

  遺産分割に関する調停件数は

  増加しており、

  昭和60年と平成23年では

  約2.28倍に増加しています。」

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%94

三好「そんなに増えているなんて!

   何が原因で

   揉めてしまうんでしょうか?」

夏美「最近増えているのは

  認知症、介護が関係した

  相続問題です!」

   %ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%95

吉永「そう!よくあるのが、

   『病気の親を介護したから

   その分遺産を多くもらいたい』

   というケースです。」

三好「そりゃそう思いますよね!

   当然多くもらえるんじゃ

   ないんですか?」

吉永「きちんと遺言書に

   『介護をしてくれた〇〇には

   他の相続人より〇〇円多く

   相続させる』など

   記述がないと無理です。

介護をしていただけ

では認められません!

  寄与分として

  認められることもありますが、

  それも書類などの

  手続きが必要です。」

三好「書面に残していないと

   ダメなのか~

   うちも気をつけないと!」

img11

吉永「また、よく揉めて、

   しかも特に難しいのが

   財産が家だけ

  のケースです。

   法律上では、

   財産の1/2が配偶者、

   1/4が子供と

   法定相続分は決まっています

    ※家庭環境によっても異なります。

   遺産が預金などなら

   分配するのは簡単ですが、

  不動産は流動性が低いため

   不動産の評価額や

  そのまま住む続けるのかなど

  取り分を平等にするのが

  非常に難しいんです。」

  %ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%92%ef%bc%97

三好「だから揉めやすくなるのか‥

   他にも要注意な相続トラブルは

   ありますか?」

夏美「重要なのがあります!

   亡くなったことを

   金融機関に伝えると

  口座が凍結されて

  ローン引き落としや

  入金もできなくなって

  しまうんです!

54_01

  亡くなった人の口座からは

  葬儀代も引き落せないので、

  そちらをアテにして

  お金の準備をしていないと

  いざという時大変なんです

三好「そうなんですか!?

   凍結されたら、預金はもう

   引き出せないんですか?」

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%97

夏美「もちろん凍結解除できますが、

   相続人全員の戸籍謄本、

   印鑑証明、相続届けなど

   書類の準備や手続きだけで

   2~3ヶ月以上かかるので

   大変なんです。

   中には7年かかった人も

   いるみたいですよ。」

吉永「ちなみに、

   凍結されてしまった預金や、

   相続人がいない相続財産は

   国庫帰属と言って

   国が没収することになります

   それが毎年200億円以上の国の

   雑収入となっているんですよ」

三好「200億以上も

   没収されているなんて!」

吉永「亡くなる時に

  お金の問題は

  外せない問題です。

   しかもお金が関わると

   今までの家族や親しい人との

   関係が壊れてしまう場合も

   あります。

   だからこそ、

   円満に相続するために

   金融のプロに相談するのが

   とても大切です」

三好「相続のプロということは、

   弁護士さんとかに依頼すれば

   良いんですか?」

吉永「それでは不十分です。

   弁護士は、

   遺産分割紛争の法定手続き。

   行政書士は遺言書の作成。

   といったように、

   特定の問題しか

   取り扱えない場合が多く、

  資産管理をトータルで

  相談するのには

  不向きなんです。

三好「ということは、

   相談するのに適しているのは

   ファイ…」 

吉永「そう!FPです! 

   ファイナンシャルプランナーは

   各分野に精通しており、

   コーディネーター的な

   役割もあるので

   資産管理をトータルで

   行えるんです。

   だからこそ、

   年を取ってからでなく、

   今のうちから

   資産管理やお金の相談ができ、

   信頼のおけるプロのFPが

   身近にいることが重要

   になってきます。」

 %e5%9b%b31

三好「僕には吉永さんという

   強い味方がいて安心です!

   生命保険の見直しには、

   死んだ後のことを

   しっかり見据えることや

   様々な知識を持っておくことが

   大切なんだって

   よく分かりました!

   吉永さん、夏美ちゃん

   ありがとうございます!」

吉永「ご理解いただけて嬉しいです。

   もっともっとお金について

   しっかり学び、

   損せず得する人生に

   してくださいね」

★得したい方は是非セミナーにお越しくださいね★

電卓を使う女性

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%91