banner-article-top

あなたも社長になれる!会社の作り方

「社長になってみたい」そんなこと思ったことはありませんか?
社長になるなんて難しそう…
簡単にはなれないんじゃないか…
とお思いの方。
実は誰でも

簡単に社長になれる

のです。

 
images (41)
というのも、一昔前までは、会社を作るのに巨額の資本金が必要でした。
株式会社なら1000万円、有限会社なら300万円の資本金を
会社設立の際に用意しなくてはなりませんでした。
 
それが2006年の法律改正で今や…
「資本金1円からでも会社を作れる」ようになったのです。
今日は、誰もが1度はなってみたいと考える社長のなり方をご紹介します。

 

【あなたも社長に!?】

5782329-cartoon-rich-man

さて、冒頭でお伝えしたとおり、極端な話、資本金は1円からでも株式会社はつくれます。

手続きが色々とありますが、それさえきちんと申請すれば、
比較的すぐに社長という肩書を手に入れることは簡単にできるのです。
何をすれば株式会社を作れるのかざっくりご説明します。
 

【株式会社の作り方】

1216698521

株式会社を設立するには「定款認証」と「登記」という2つの手続きをしなければなりません。

 
定款とは、会社の組織や運営方法など会社の基本的なルールを定めたものです
定款は会社を設立するときに必ず作らなければならず、非常に重要なものです。
会社は定款に記載されていること以外の活動を行うことはできません。
定款は社長になろうとする人(発起人)が作成し、役所で公証人の認証を受けて初めて効力をもちます。
 
次に登記です。これは申請書を法務局に提出するだけです。
この申請を出して受理された日が会社が設立された日になります。
 

【必要なお金は?】

Fotolia_15890712_XS

簡単に言うと、株式会社を設立するためにやることは以上です。
では、これをするには幾らぐらいお金が必要なのでしょうか。
これは定款を電子版にするか、紙ベースにするかで値段が変わってきます。
 
定款には、パソコンなどでできる電子定款と紙の定款の2種類があります。
定款認証手数料は電子ならば50,000円、紙ならば52000円です。
それから別途印紙代がかかってきます。
 
この印紙代は、当然ながら電子ならば0円で、紙だと 4万円となっています。
パソコンでするか紙でするかで4万円の差が出てくるのです。
 
しかし電子定款にすると、印紙代はかからなくても、Adobe AcrobatICカードリーダ、
住民基本台帳ICカードなどの設備が必要になります。
これらを揃えると約4万円くらいかかってしまうので、
結局どちらにしても同じようなものになってしまいます。
 
また、登記の際に必要な登録免許税はともに 15万円です。
合計すると、どちらの定款にしても24万円くらいは必要となります。
 

【あとは、コレが必要】

p28 (1)

そのほかにかかる費用ですが、会社の印鑑を作るお金(1万円くらい)と、
その印鑑を登録する費用(印鑑登録証明書は1通300円程度で、発起人と取締役の人数分必要)があります。
 
合計しますと、約25万円ほどは株式会社を作る際にどうしても必要となります。
このように、1円で会社を作れるとはいっても、実際にかかるお金は1円じゃ到底無理なのです。
しかしこの資本金以外にかかる必要経費をもっと少なくして社長になることも実は可能なのです。
 
明日はもっと…

お得に社長になれる方法

をお教えします。

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

ABOUTこの記事をかいた人

コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。