banner-article-top

13-2 株を始めてみるとどうなるの?

昨日で株の基礎は分かったかと思います。
では実際に株を買うとなるとどうなるのか
シミュレートしてみましょう。
 
さて、まず株を始めるのには何が必要になるのでしょうか。
一言で言うと「資金」と「証券会社の取引口座」です。
 

【株投資で必要なもの?】

図4 (2)
何を差し置いても株式を購入する資金が必要となります。
株式投資では最低でも10万円程度の
資金がなければ始めることも出来ません。
 
企業によってもちろん違いますが、
株式1株あたりの金額はさほど高額ではありません。
100円程度のものも多くあります。
 
しかしその株を1株ずつ購入することはできず、
企業によって異なりますが、
10株からであったり、500株であったりします。
一般的には1000株単位での購入が基本となっています。
 
仮にA社の株が1100円だとしても、
購入単位が1000株単位であれば
最低でも10万円の元手がなければならないのです。
 

【お金の次に必要なもの】

 482385_303966569733345_263455253_n

次に必要なのは証券会社の取引口座です。
株の売買を行うためには
絶対に証券会社を通さなくてはいけません
 
なので証券会社に取引口座を持たなくては
株の売買は始められないのです。
また、株を売買する際には、基本的には
証券会社へ手数料を払わなくてはいけません
 
手数料の金額は証券会社や
売買する金額によって異なります。
今はネットで簡単に株の売買が出来ますが、
ちょこちょこいじっているうちに
意外と手数料がかかったりするので、
手数料が安い会社を使ったり、
手数料があまりかからない金額内で取引するなど工夫が必要です。
 
こうして資金と口座を持ち、
株の売買を始めることが出来るのですが、
そこから利益をあげられるかどうかは
市場を読む力や企業の業績を分析するなどの
努力にかかってきます。
この努力が株取引においては最も重要です。
 
 

【税金はどれくらい?】

j33
さて、努力の甲斐あってどうにか売買もうまくいき、
利益をあげられたとしましょう。
残念ながら利益は丸々手元に残るわけではありません。
株式の売買益(キャピタル・ゲイン)には税金がかかるのです
 
これは取引口座の種類や所得によって払い方が変わり、
確定申告が必要な場合もあります。
 
ただ、年収2000万円以下のサラリーマンは、
給与所得と退職所得以外の所得の合計額が
20万円を超えない場合は確定申告を行う必要はありません。
つまり株の利益が20万円を超えなければ
申告の必要はないということです。
 
また、株式売買で得た利益だけでなく、
企業からもらえる配当金(インカム・ゲイン)にも税金はかかります
こちらは確定申告で納税することになりますが、
キャピタル・ゲインと合わせて20万円以下の利益ならば申告しなくても大丈夫です。
 
このように株取引で得た利益にも、配当金にも税金はかかります。
共にその税率は20131231日までは10ですみますが、
201411日からは20%に増えます
 
しかしこのマイナスをカバーする制度が
2014年からスタートするのです!
それが「少額投資非課税制度」です。
 
この制度は株を初めてやる人にも非常に耳寄りな制度です!
次回はこちらの制度をご説明します。

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

ABOUTこの記事をかいた人

コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。