banner-article-top

11-2 貨幣のはじまり~こうして経済は回ってきた~

episode 11-2

「貨幣のはじまり

~こうして経済は回ってきた~」

名称未設定-1

吉永「それでは、
   昨日の続きと行きましょう!」
 
夏美「昨日は、
   物々交換から
   貨幣のやりとりに発展した
   ところまでですね!」
 mn11_img01
 
吉永「そうですね!
   この時の貨幣は
   持ち運び製造の可否によって
   素材が選ばれました。」
 
吉永「金や銀、銅というのは、
   素材そのものに価値があったので、
   通貨として使われました。」
 
夏美「素材価値がなければ
   相手に信用されませんもんね。」
 
吉永「そしてこの通貨は
   室町時代頃流通し始めました
   と言われています。」
 
吉永「ちなみに、
   少し昔に戻りますが、
   中国で、

   <開元通宝>

   という優れた貨幣が造られ、
   これらが遣唐使などによって
   日本に伝えられたと言われています。」
 45F42s1
 
夏美「それをモデルにして
   造られてのが

   <和同開珎>

   ですよね!」
 img_0
 
涼子「これが日本最古の貨幣と
   されていると勉強した気がします!」
 
吉永「実は、
   日本最古のお金は、
   世紀後半に造られたとされる

   <富本銭>

   だという意見もあるんです!
   まだ調査中とのことですけどね。」
201202010956473b4
 
涼子「それは、
   初めて知りました。」
 
吉永「話は戻りますが、
   硬化の材料として
   西日本は、
   大森銀山から採掘された銀
   東日本は岩手や佐渡で取れた金が
   主に使用されるようになりました。」
 
吉永「金や銀は優れた貨幣でしたが、
   大量に使われるようになると、
   不便な点も出てきます。」
 
涼子「すごく便利になったと
   思うんですけどね。」
 
吉永「確かに便利に放ってるはず
   なんですが、

   交易が活発になると、

   支払金額が増えてくる

   からなんです。」
 
夏美「ということは、
   ここでもやはり持ち運びが大変ですね。」
 
吉永「また、
   途中で強盗に取られたら大変です。」
 
涼子「たしかに!」
 
夏美「ただ、
   強盗も奪ったあとが
   大変そうですけどね。」
 
吉永「とにかく!
   そこで、

   <両替商>

   が登場しました。」
 両替商gn668
 
吉永「金や銀を大量に保有する大金持ちに

   金や銀を預け、

   手数料を払って預かり証を

   発行してもらいます。」

 
夏美「商品の売買に、
   この預かり証を使えば、
   比較的安全に大金を持ち運ぶのと
   同じ効果が得られますね!」
 
吉永「預かり証を受け取った側も、
   それをすぐに換金することなく、
   別の支払いに使うことも可能です。」
 
夏美「ってことは、

   預かり証自体が、

   まるで通貨のような働きを

   するようになる

   ってことですね!」
 
吉永「これが

   紙幣の誕生

   です!」
 
吉永「そして

   両替商は、

   明治になって銀行として

   発展していきます。」

nitigin2
 
涼子「紙幣や銀行ができるまで
   こんなに長い道のりが
   あったんですね。」
 
吉永「そうですね。
   これでやっと
   今の時代に近くなってきましたね。」
  
吉永「そして、
   明治になると、
   政府は通貨制度を整備します。」
 
吉永「それより前の江戸時代には、

   <両(りょう)>

   <分(ぶ)>

   <文(もん)>

   といった単位が使われてましたよね。」
 
吉永「そうですね。
   硬貨の種類としては、
   江戸幕府が発行していた

   金貨(小判など)

   銀貨(丁銀、豆板銀など)

   銅貨(1文銭など)

   がありましたが、
   そのほか全国各地の大名は
   自分の藩だけで通用する

   <藩札>

   という紙幣も発行していました。」
 yanagawa-hansatsu
 
吉永「さらに幕末時代になると
   外国製の銀貨が大量に流入したんですね。」
 
夏美「それだけ
   いろんな種類があると
   混乱しちゃいそうですね。」
 
吉永「はい。
   まさに
   明治の初頭には
   日本のお金の制度は
   大変混乱していました。」
 
吉永「そこで明治政府は、
   日本全国で利用できる統一した
   お金の制度作りをしたんですね。」
 
吉永「それを

   <新貨条例>

   といい、
   1871年(明治4年)5月に
   公布され、
   <円・銭・厘>という
   新しい単位が決定しました。」
 
吉永「古いお金を新しいお金に
   換算するのに便利なように

   <1両=1円>

   と決められため、
   円滑に新しいお金の単位に
   移行することができたようです。」
 
夏美「今のものの価格と比較すると

   ○米の価格で比較:   1両=4万円

   ○そばの代金で比較:  1両=12~13万円

   ○大工の賃金で比較:  1両=30~40万円

   に相当するそうですね!」
 
吉永「ちなみに当時、
   アメリカ・ドルの1ドルは、
   1両金貨と交換されていましたから、
   円の為替相場は

   <1ドル=1円>

   だったことになります。」
 
涼子「今と比べると
   ものすごい円高ですね!」
  
吉永「そして、
   明治5年(1872年)、

   国立銀行条例を制定

   その翌年、

   最初の国立銀行が設立され、

   銀行券の発行

   が始まります。」
 
夏美「やっと今のお金の
   かたちになってきましたね。」
 
吉永 「明日は、
   さらに近代化したシステムの
   説明をしていきましょう!」
 
 11-2
 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    tomonori

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。