banner-article-top

11-1 《お金=紙切れ?!》 なぜ価値があるのか?!

↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

11-1バナー 111

episode 11-1

「《お金=紙切れ!?》

なぜ価値があるのか!?」

 11-1バナー
 
夏美「ずっと疑問に
   思っていた事なんですが、
   なんでこの紙(1万円札)
 money01_a04
   が1万円の価値を持つんですかね?」
 
涼子「確かに、
   それは考えたことありますね。」
 
夏美「だって、
   1万円札の
   印刷料って約13円だと
   聞いたことありますし!」
 
吉永「それについては、
   お金の歴史を
   見ていくのが一番いいかもしれませんね。」
 
吉永「そもそも、
   お金という概念は
   いつから始まったと思いますか?」
 
夏美「ん~・・・・。
   いつからかな~?」
 
吉永「それでは、まず
   お金の始まりから
   勉強していきましょう!
 
吉永「まず、
   お金という概念が現れる
   大昔は物々交換をしていたことは
   知っていますね?」
 mn11_img01
 
涼子「聞いたことあります!」
 
吉永「ところが、
   物々交換というのは、
   意外にむずかしいのですね。」
 
夏美「それって、
   需要と共有の問題ですよね。」
 
吉永「そうなんです。
   たとえば魚と野菜を交換したい人がいても、
   野菜を持っていて魚と交換したいと
   考えている人と出会わなければ、
   交換は実現しません。」
 
涼子「そう考えると、
   ちょうどよく会うことって
   なかなか難しそうですね」
 
吉永「そうですね。
   そういった偶然に
   頼るわけにいきませんから、
   交換したい人たちは、
   一堂に会するという方法をとりました。」
 
吉永「これが

   市(いち)

   の発生です。」
 
吉永「市がいつ開かれていたかは、
   地名として現代に残っています。」
 
夏美「市がつく地名と言えば
   四日市や五日市などが
   ありますね!」
 
吉永「ただ、
   こうした市が開かれても、
   物々交換はやはり偶然性に
   左右されてしまいます。」
 
吉永「そこで、
   とりあえず

   <誰もが欲しがるもの>

   と交換する

   という形をとるようになります。」
 
吉永「それが
   日本では

   稲

   布

   でした。」
  
夏美「やはり
   日本人といえば
   お米ですよね!」 
 IMG_9448
 
 
吉永「稲はかつて

   <ネ>

   と発音されていました。」
 
吉永「これは、
   “どれくらいのネと交換できるのか”
   などとやりとりをしているうちに、
   “これのネはどれくらい”
   となって、
   値段の

   <値>

   という言葉になりました。」
 
吉永「また、
   布は紙幣の

   <幣>

   の字として残っています。」
 
吉永「中国では、
   子安貝というきれいな貝が
   交換の仲立ちになりました。」
 子安貝
 
吉永「その証拠が、
   現在の漢字にも残っています。」
 
吉永「お金や財産に関する漢字には、
   いずれも貝が入っていますよね?」
 
涼子「あ!
   ほんとですね!
   財、貯、貴、買・・・・。」
 
夏美「だから、
   貝を分ける書いて、
   貧しくなってしまうんですね~。」
  
涼子「で、
   ほかの国では
   どんなものと交換されていたんですか?
 
吉永「そうですね・・・
   古代ローマでは兵士に

   塩

   が給料として支払われていました。」
 ico_mamechisiki1402
 
涼子「塩ですか!」
 
吉永「塩は、とても貴重だったので
   十分価値としてはあったんですよ!
   ですので、
   なんにでも交換できたと言われています。」
 
夏美「塩は、
   人にとってとても重要ですもんね。」
 
吉永「また、塩は

   <サラリウム>

   といい、
   ここから英語の

   <サラリー>

   という言葉が生まれました。」
 
涼子「サラリー?」
 
吉永「はい。

   サラリーマンの語源

   にもなっています。」
 
涼子「へ~!!!」
 
夏美「そういえば、
   思ったんですけど、
   稲とかだと
   やっぱり多少保ったとしても
   腐ってしまいますし
   かなり不便ですよね?」

 ダウンロード

 
吉永「そうなんです!
   持ち運びが容易で腐ることなく、
   壊れることもない。
   さらには製造が容易な
   ものが必要とされます。」
 
吉永「こうして生まれたのが、
   金、銀、銅を使った
   硬貨です。」

 mn11_img03

 
涼子「これで、やっと
   お金ができたんですね!」
 
吉永「では、
   今日はこれくらいにして、
   明日は、
   この貨幣から詳しく
   話していきますね!」
 
11-1
 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

3 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    tomonori

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。