banner-article-top

10-2 株はハイリスク?債権はローリスク?

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

episode 10-2

「株は本当にハイリスク?

債権は本当にローリスク?」

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421
読み逃した方はコチラから
 
 
夏美「今日は、
   昨日に引き続き
   株と債権について教えてください!」
 
吉永「では、
   株と債権のリスクリターンについて
   比べてみましょう。」
 inv01

吉永企業がお金を集める方法には、

   株式の発行と社債があります。」

 
吉永「社債は、

   決まった利息が約束されていますが、

   株式の配当金は

   企業の儲かり具合次第であり、

   たくさんもらえる可能性も、

   まったくもらえない可能性もあります。

yjimage38MDRH0E
吉永価格についても、
   基本的に

   社債は株式ほどには大きく動きません。

   値下がりしても、

   償還期日まで持っていれば

   額面金額が返ってきます。

   一方、

   株式は値動きが大きい分、

   大きな売却益が期待できます。

   しかし値下がりした場合、

   あきらめて売却して損失を被るか、

   株価の再上昇を

   待つしかありません。

 
夏美「じゃ~、
   債権だと必ず儲かるってことですか?!」
 nagare_005
  
吉永「いえ、実はそうでもないんです。」
 
吉永「債権は

   安全資産の一つ

   と言われていますが、

   会社(社債)や国(国債)によっても

   金利が全く変わってきます。

   中には、
   高金利の債権もあって

   ジャンク債

   とも呼ばれています。

   デフォルトリスク

   (元本償還や利払いの不能リスク)

   の高い債券もありますので
   確実とはいえません。」
 
夏美「債権でもですか!?」
 
吉永「債券投資とは、
   他人にお金を貸す行為であり、
   期限が到来すれば元本が返ってきます。
   しかし、そう言い切れるのは、

   借り手が期限まで健在の場合です。

   万が一、

   借り手が返済期限前に倒産したり、

   破綻したりすれば、

   残念ながら投資元本は返ってきません。」

yjimageWOJY1YRF
 
夏美「確かに、
   一文無しになってしまうと
   払うことができませんもんね・・・」
 
吉永「それが、
   債券投資の

   デフォルト(債務不履行)

   と呼ばれる事態です。
   過去には、

   アルゼンチン国債

   ロシア国債

   などでその実例がありました。
   企業でいえば、

   アメリカのエンロン

   日本のマイカル

   などが
   焦げ付いてしまった債券発行体です。
   投資家は大きな元本割れを経験しました。」
 52a11af8d74f9b9359a590df159baffd
 
夏美「日本でもそんなことあったんですね~。」
 
吉永「このリスクを

   信用リスク

   といい、債権の信用度は
   信用格付けによってチェックすることができます。

   ○スタンダード&プアーズ

entry_img_144

   ○ムーディーズ

moodys
   のような
   第三者の中立的評価機関が
   定量的に評価して発表しています。
   信用格付けの

   最高位はAAAで、

   以下AA、A、BBBと表示され、

   BB以下を「投資不適格」と呼びます。

   格付けが下がるほど

   (信用リスクが高まるほど)、

   配当利率(インカム)が増えるので、

   高利率の債券には注意が必要です。

   信用リスクを把握して銘柄を
   見極める必要があります。」
SBI2[1]
 
夏美「株式が債券より常にリスクが高いといった
   イメージはまちがいってことですね!」
 
吉永「はい。

   株式は危険で、

   債券は安全という

   パターンで受け取られがちですが、

   実際のリスクの大きさは

   個々の銘柄の問題となります。」

 
夏美「あくまでも投資である
   ということは忘れてはいけませんよ!」
 
吉永「債権の話が中心になってましたが、
   株のリスクとして、
   代表的なものに次の3つがあります。
 
   ・価格変動リスク
   株は値上がりもすれば
   当然値下がりもします。
   大きく値を下げれば、
   大量の含み損を
   抱えることになります。
   購入時より低い株価で
   売った場合には
   売却損(キャピタルロス)が
   発生してしまいます。
img-syueki02
 
   ・流動性リスク
   売買高が非常に小さく、
   売りたい時に売れない、
   或いは非常に不利な条件でしか
   換金できないリスクのことです。
   日経225株価指数に
   取り上げられているような大企業の株式は
   いつでも換金でき、
   その分高い価格で取引されます。
   この価格差を流動性プレミアムといいます。
ダウンロード
 
   ・倒産リスク(デフォルトリスク)
   会社が倒産すれば、
   その株式は単なる紙切れになります。
20150215092438
 
夏美「株でも
   デフォルトがあるんですね。」
 
吉永「もちろんです。
   だからこそ、
   何に投資をするにしても
   その会社の信用度が重要になります。」
 
夏美「投資を行う際は、
   必ずその会社がどれだけ信用できるか
   チェックしないといけませんね!」
 
株と債権10-2

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421