banner-article-top

女性に有利!?世界でも男性はお金が…

無題

      episode 9-3

「女性に有利!?世界でも男性はお金が…」

無題
 
読み逃した方はこちらからどうぞ
9-1 マイクロファイナンスとは?
 
9-2 無担保で貸し出す銀行がある⁉
 
 
 
吉永「さて、
   今日はさらにマイクロファイナンスの特徴について
   お話しましょう!」
 
吉永「世界には数多くのマイクロファイナンス機関が存在しますが、
   その大半が、貧困層の「女性」をターゲットにしています。
   例えば、

   ICICI銀行

   のマイクロファイナンスは
   基本的に女性だけのグループを対象にしています。」
 
Icici-bandra_kurla_complex
 
吉永「しかも、
   グラミン銀行での

   借り手の97%が女性

   です。

   世界全体では、利用者の8割が女性

   と推計されているんですよ!」
image
 
 
涼子「え?!
   ほとんど女性だけですか?」
 
吉永「はい!
   マイクロファイナンスが女性中心である理由の一つは、
   家計を預かっている妻が収入を得れば、
   家庭全体が豊かになる傾向が強いことです。
   一方で夫・男性への融資は、
   祭り事や飲み食い、
   果ては博打で散財するなど、
   無駄遣いされる傾向が高いことも挙げられます。」
20120928nakata03
 
夏美「国は違えも、男女の本能的な違いってことですね!」
 
涼子「私の大好きな夫ならそんなことにはならないけどね♡」
 
吉永「・・・・・・」
 
吉永「やはり何処の国でも、
   食べ物に苦しむ家計では、
   妻の食事が最も後回しにされる傾向が強いようです。
   これも世界共通の傾向ですが、
   女性の地位というのは男性に比べて圧倒的に低く、
   それが途上国であればあるほど酷くなります。
 
   社会的弱者である彼女たちを助けることこそ
   貧困解決への優先課題でもあるということですね。」
 
夏美「女性が主体で動いているってところはなんだかうれしいですね!」
 
吉永「最大の理由は、
   ほとんどのマイクロファイナンス機関が、
   各村毎にグループを形成させて「連帯責任制」を取らせる形で、
   融資を行うことにあります。
105
    女性は、子育てや炊事・洗濯などで村内の「横の連携」が強い傾向があります。
   ゆえに、他の人に迷惑を掛ければ村中で肩身が狭くなり、
   生きていけなくなるというプレッシャーが連帯責任制を機能させ、
   返済率を上げることに繋がるのです。」
 
涼子「確かに、責任があれば、
   やらなくちゃ!
   って気になりますものね。」
 
夏美「そういえば・・・・
   シャドーバンキングなども融資を出してくれると思うんですが、
   どう違うんですか?」
TKY201307020690
 
吉永「良い質問ですね!
   それでは、次回
   シャドーバンキングとの違いを
   説明しましょう!」
 
マイクロファイナンス9-3

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

無題