banner-article-top

7-1 うわっ…私の保険料、高すぎ…?

Yes_No_Maybe

Yes_No_Maybe↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

episode 7-1

「その保障、本当に適正ですか?」

yjimage
2
夏美「家賃・税金と見てきた
   三好家家計シリーズ。
   締めとなる今週は、
   意外と家計に大きな影響を与えている
   ’保険料’についてお伝えしていきます
3
 
三好「保険料かぁ。
   確かに気になるポイントですね。」
 
吉永「では初めに、現在三好さんが月に
   どれくらいの保険料を払っているのか、
   そしてどんな保障内容になっているのかを
   確認していきましょう」
 
夏美「保険料は月額いくらですか?」
 
三好「僕の分が2万円と妻の分が1万円、

   夫婦合わせて3万円です。

   僕も妻も定期保険でして、
   僕の方の保障が、

   入院時にもらえる入院給付日額が1万5千円、

   1入院支払限度日数は180日まで、

   死亡時に一時金で3000万円おりる内容です。

   妻は入院給付日額が同じく1万5千円で

   1入院支払限度日数180日、死亡保障はなしです。」

 
吉永「なるほど…ズバリ言いましょう!

   保険料は月額3万円から

   最大で半分にまで下げられる可能性があります」

 
三好「やったーーーー!さすが吉永さん!
   で、何をどうしたらいいんですか!?」
 
吉永「まずは保険についての考え方から
   押さえていきましょう。
   涼子さん経由ですでに
   ご存知かもしれませんが、
   おさらいの意味で聞いてください。

  保険とはリスクに備えるもの。

   ないリスクにも保険を用意しても
   無意味ですしお金の無駄遣いです。」
yjimageTNMGM2WS
 
吉永「ではリスクとは何なのか?

   生きていく上でのリスクとは、

   死ぬこと・病気になること・

   生存することです。」

 
三好「生存するリスクっていうのは、
   お金が必要って意味なんですよね!
   涼子から聞きました」
 
吉永「その通りです。
   そして、各リスクに対して
   用意されているのが
   保険というわけです。」
 
三好「ならやっぱり保険はしっかり
   入っておかないといけないんですよね?」
 
吉永「一概にそうとは言えません。
   というのも、日本は社会保険制度が
   しっかりしているので、これらが
   基本的には助けてくれるからです。」
 
三好「どういうことですか?」
 

吉永死亡リスクには遺族年金が、

yjimageSRC870KW

   病気やケガには健康保険が、 

yjimageI4BTIP2W 

   生存するリスクには老齢年金が。

yjimageP88RZITT

   この様に、基本的には

   これらが助けてくれるんです

 
三好「えっ、じゃあなぜ僕らは
   保険に入っているんですか?」
 
吉永「社会保険制度が助けてくれるとはいえ、

  それだけでは不十分だからです。

   遺族年金だけでは足りないから
   生命保険や死亡保障で補う、
   先進医療を要する病気にかかっても
   大丈夫なように医療保険に入る、
   といったようにです。」
 
三好「なるほど~」
 
吉永「話は保険料に戻しますが、
   先ほどお話ししたように、   三好さんの保険料は半額以下にできる可能性があります。その理由は…今の保障を見直して適正な保障にすることで結果的に保障を減らすからです」
三好「保障を減らすなんて不安なんですけど…」
 
吉永「ハッキリ言って、

  三好さんのケースでは医療保険に入院給付日額1万5千円も必要ないかもしれません。

   医療に関していえば、
   高額療養費制度もあります。
   心配なさらなくても、そんなに
   医療費はかさみません」
 
三好「高額療養費制度って何ですか?」
 
吉永1カ月にかかった医療費の
   自己負担額が一定の金額を超えた場合、
   それ以上は支払わなくてもよいという
   公的な医療保険制度のことです。」
 education_med01
 
三好「へ~!月に100万円かかっても
   1日あたりは約3千円の負担でいいんだ。
   こんなに少なく済むんですね」
 
吉永「そう、高額療養費制度が適用されれば
   かなり負担は減ります。 

  とはいえ、

  適用外のものもあります。

   入院した場合に大きいのは
   差額ベッド代です。」
 

三好「差額ベッド代?」

 
吉永差額ベッド代とは、
   実際に入院する部屋によって、
   1日ごとにかかる料金のことです。
yjimageEGVJ907J   
   この価格は、無料となる大部屋から
   高額となる個室まで、
   病院によって設定はさまざまとなります。
   そのため、入院する部屋によって、
   1日あたり0円から数万円までの
   差が生じることになるのです。

  差額ベッド代の平均は

  1日当たり約6000円です。

img07_03
   これ以外にも、

   入院時の食事代は、1日あたり

   780円かかりますし、

※一食につき260円(一般の方の場合)として3食分を算出(社会保険庁ホームページ参照)


   高額療養費制度対象外の
   先進医療を受けるための費用や
   パジャマやスリッパその他もろもろの
   生活用品代も必要です。」
img05_03_04
 
夏美「これがもし奥様が入院された場合だと、
   クリーニング代や食事代などもないと!」
 
吉永「これらすべてが全額自己負担となるので、
   みんな医療保険に入るわけです。」
kougaku
 
三好「入院ってやっぱりお金かかるんだな~
   いったいいくらあればいいんですか?」
 

吉永ケースによって違いますが、医療費と食事代は

   5000円もあれば足りることが多いです。

   差額ベッド代の1日あたりの
   平均額は5,828円でした。
    つまり、医療保険
    備えるべき入院給付金日額は

  1万円を目安に考えて備えておくと良いでしょう」

グラフィックス1
 
三好「僕も妻も保障が厚すぎたのかも… 自分に合っているものにすると安くなりそうですね!!」
 

吉永さらに1入院の支払限度日数も180日から

   60日に減らします

 
三好「2/3も削っていいんですか!?」
 
吉永「厚生労働省の調べによると、

  平均入院日数は32.8日です

  <厚生労働省「患者調査」/平成23年>

 
三好「そんなに短いんですか!?」
 
吉永35~64歳だけで見れば26.2日です。
   しかもこれには、250~380日と
   入院日数が非常に多い
   統合失調症や認知症のケースが
   含まれています。
   統計データからみれば、1入院の限度日数は60日あれば、概ねほとんどの病気がカバーできると考えられますよ。」   <厚生労働省「患者調査」/平成23年>

 
三好「意外だな~
   でも言われてみると、
   病院ってベッドが足りないって
   ニュースで言っているくらいですもんね。
   長居させてくれるわけないか」
 
吉永「そういうことです。
   以上を踏まえて、私がご提案するのは、

  入院給付日額/10000円、1入院支払限度日数/60日、

  手術給付金付の医療保険です。

  さらに先進医療の保障と3大疾病の保障を

  プラスします。

   論より証拠で、明日は実際に
   この内容で保険を設計していきましょう」
 
 7-1
 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

Yes_No_Maybe

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    tomonori

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。