banner-article-top

4-5 これで完璧!保険総集編

4.5

4.5↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

第一話「徹底見直し!保険のすべて」

第二話「本当にお得な保険に入るために」

第三話「これでバッチリ!保険のいろは」

第四話「保険料を劇的に減らす魔法の方法」

calculator-and-pen-on-document

episode4-5

「徹底見直し!保険のすべて」

 
涼子「今週もためになりました!
   結婚したら保険に入らなきゃと
   漠然と思っていたけれど、
   どこから手を付けていいのかも
   分からなかったですからね。」
 
吉永「生命保険は

人生で2番目に高い買い物

   と言われるくらい
   高価ですから、
   分かっていただけて
   嬉しいです。」
 
涼子「本当に!
   保険料なんて生涯で
   300万くらいかと
   甘く思っていたから」
 
夏美「多くの人が加入している
   『定期付き終身保険』
   保険料が高めですもんね。
   保険料は月に約2万円なので
   30歳から60歳まで30年払ったら
   720万円!安くはないですよね」
 img_972a93bd3ab9ac2fd5d8f86d806427d734232
吉永「しかもそんな額じゃ
   収まりませんからね。
   定期保険部分は10年問と
   なっていますが、
   10年ごとに更新するたびに
   保険料がどんどん
   高くなっていき、
   最終的に月の保険料は
   45,000円くらいに
   なってしまいます。」
 
涼子「30年で1020万円とか
   高すぎますよね!」
 
 yjimageSJJ3LGA9
 
「それなのに60歳以降は
   100万円しか
   保障が出ないですからね」
 
涼子「こんな酷い保険に
   たくさんの人が
   入っているなんて
   ビックリしちゃいました」
 
夏美「保険って、
   入ったほうがいいとは
   分かっているものの、
   よくわからないから
   勧められるがままに
   加入するというパターンが
   非常に多いですからね。
   涼子さんのご両親のように、
   知り合いや親戚が
   保険のセールスで 
   保険に入るというのは
   よくある話ですよ」
 
20100125-00001080-r25-001-2-thumb
 
吉永「昔はそれでもよかったんです。

保険料は、

法律によって、

全ての保険会社が、

同じ商品を同じ値段で

販売することに

なっていましたから。

  「保険は誰から
   何を契約しても変わらない」
   という時代だったんです。」
 
涼子「それでうちの両親は
【義理・人情・プレゼント】
   略してGNP営業にまんまと
   はまったというわけですね。
img1
吉永「それが1996年に起こった
   『金融ビッグバン』により、
   保険料から保険商品まで
   自由競争の時代に突入し、
   保険会社を選ばないと
   大損するといっても
   過言でない時代になりました
   時代は変わったものです。」
 
涼子「絶対うちの両親損してますよ…
   早く見直させないと…!」
 
吉永「そうですね。
   加入してから一度も
   見直されてないなら、
   一刻も早く見直した方が
   いいですね。」
 
涼子「そういえば、
   セールスである叔母さんが

  保険に加入させて

  得られる報酬って、

  加入してから

 2年までが対象

   って聞いたときは
   安心しましたよ。
   そうじゃないと変えるの
   気兼ねしちゃいますもん。」
 
吉永「これは知らない方が
   多いですよね。
   保険のセールスさんの
   勧めるがままに
   保険に加入していて、
   すでに2年経過している人は
   なんの後ろめたさも
   ありませんから
   すぐに保険を見直すのを
   オススメします」
 
涼子セールスさんはお客さんが
   保険に加入することで
   報酬を得られて、
   しかも商品毎に報酬の値段が
   違うなんて初耳でした!
   全員じゃないにしても中には
   無駄な保険を勧めてくる人が
   いるかと思うと怖いです。
yjimageED6PUD30
夏美「無料でおなじみの
   来店型保険ショップでも、
   手数料がかからない分、
   そういった悪質な
   セールスがいないとは
   言い切れないですしね」
 
涼子「やっぱり多少の相談料が
   かかっても
   信頼できるFPさんに聞くのが
   一番ですね」

 Fotolia_42974805_XS2-300x200

吉永「そして相談する時も
   忘れてはいけないのが
   保険に対する考え方です。

  保険とは

 リスクに備えるもの

   ということを
   しっかり認識して、
   必要な分だけ
   加入しましょうね。」
 
涼子「ちなみにリスクって
   何個でしたっけ?」
 
吉永生きていく上でのリスクは、

  ・死ぬこと

  ・病気になること

  ・生存すること

   の3つです。」

涼子「生存するって
   どんなリスクなんですか?」
 
吉永「生きていくにはお金が必要です。

money

   一銭もないのに長生きしても

   困るだけですよね?

   生存するリスクというのは、
   お金が足りなくなること
   と考えてください。」
 
涼子「そうでした!」
 
吉永「そして、各リスクに対して
   用意されているのが保険です。

  死亡するリスクに備えるのが

 ・生命保険

  病気するリスクに備えるのが

 ・医療保険

  生存するリスクに備えるのが

 ・収入保障保険

   です。」
 
夏美「そして生命保険は
   3つに分けられます。

 ・終身保険

 ・定期保険

 ・養老保険

   です。」
 
涼子「そうそう!いまだに違いを
   覚えられていないけど…」
 
吉永「もう一度、
   簡単に説明しましょう。
   まずは定期保険ですが、
   こちらは保険期間が
   限られた保険のことです。

       いわゆる掛捨てですね。

   定期保険の特徴は

①満期金や解約返戻金がない

②保険料が安く抑えられている

③保険期間終了時に更新すると保険料が高くなる(契約年齢が上がっているため)

         です。」
 
夏美「続いて終身保険です。
         こちらは名が体を表すとおり、

       保険期間が一生涯の

  保険です

   終身死亡保険、
   終身医療保険など
   名前でわかりやすいですね。
   終身保険の特徴は、

①一生涯保障が継続される

② 保険料は高めとなる。

③ 途中解約時に解約返戻金がある

④ いつ死亡しても一定額の死亡保険金が受け取れる

    です。」
 
吉永「最後は養老保険
         これは、老後の自分や家族を
   養うための保険のことです。
         満期まで保険料を積み立てて、
         満期時に利息を上乗せして
   受け取ることができる
         貯蓄タイプの保険です。
         学資保険などは貯蓄タイプなので
         こちらに当てはまりますね。

         養老保険には次のような

   特徴があります。

① 期を迎えれば満期金を受け取ることができる

② 貯蓄機能を併せ持っている

③ 満期金があるため保険料が高め」

夏美「まとめるとこんな感じです。」

 グラフィックス1

吉永「大切なのは目的に応じて
   使い分けること。
          それぞれが得意とする
   保険に入ることで

  最低限の保険料で

  最大限の保障

   を得ることができます。」
 
涼子「種類がありすぎて選ぶのが
   大変かと思っていましたけど、
   まだ子供もいない私には

医療保険と死亡保険だけで十分

  って分かって安心しました。」

吉永「まだ30歳とお若いですからね。
   これから妊娠出産が
   考えられるので、
   帝王切開などのもしもに備えて
   医療保険には加入した方が
   いいですね。」
teiou
涼子「死亡保障の保険料も
   月に600円くらいと
   安くてびっくりしました!
   月に600円で私が死んだとき
   安心してお葬式あげて
   もらえるなら
   加入した方が良いですよね。
 
夏美「両目を失明するような
   重い障害状態になった時も 
   適用されますしね!」
 
涼子「そんな事態にはなって
   ほしくないけど(笑)
   でもトータルで
   月々5000円くらいで
   万が一に備えられるって
   わかって
   本当に安心しました♡」
yjimage1VMBYU7V
 
吉永「本当に必要最低限
   だけですからね。
   とにかく保険を選ぶ際に
   絶対忘れてはいけないのが

その時その時の

状況に合わせて

必要な分だけ。

無駄な保障を

つけないよう

気を付けることです

yjimageU3YXP9X2
涼子「その考え方で
   保険料を安くしたい!
   そして後悔するのが、
   この年まで
   保険に入らなかったこと…」
 
吉永「確かに保険というものは

加入するのが

早ければ早いほど

保険料を安くできます。

   同じ保険を65歳まで
   払い続けた時の総保険料を、
   加入時の年齢別に
   比べてみても、
   子供の時に入るのが
   一番お得です。
 
4-2
 
涼子「しかも保険料が安く
   済むだけじゃなくて
 小さい時に保険に入っておけば、
 その後ずっと保障がありますしね!
   学生の頃に思わぬ
   ケガをしたり、
   ちょっとした病気に
   かかったりしても
   保障があると心強いですよね。
   私に赤ちゃんが生まれたら絶対
   小さい時から入れてあげたい」
auto_RX21Ez

吉永「さて総集編も最後です。
   今週伝えたかったのは、

   保険はなんとなく

   入るものではない

   ということです。
   気づいてない方が
   大半だと思いますが、

   保険も立派な金融商品

yjimage6W4OG2RN
   つまり、お金を出すからには
   費用対効果をしっかり 
   考えなければなりません。
   リターンを多く
   生み出さなければ
   選ぶ必要がないと
   いうことです。」
 
夏美「私たちが払う保険料は、
   純粋に保険金として
   使われる以外に

保険会社の経費になっています。

   経費を差し引いた
   お金を運用して
   それを保険金に
   まわすわけですから、
   経費が大きければ
   元手は少なくなり
   当然運用しても
   利回りが悪くなります。

  だから保険に入って

  お金を増やしたり

  貯めようとするのは

  ナンセンス。

  必要な保障を

  得れる保険に

  掛け捨てで加入して、

  いざという時用の

  お金は別の方法で

  用意していくのが

  賢いやり方です

涼子「積み立てタイプの
   保険に入るなら
   外貨預金を
   ドルコスト平均法でやる方が
   お金が増える可能性は
   高いですもんね。」
 
吉永「その通り!

  無駄な保険料を

   カットすることで

 保険料を少なく抑え、

 浮いたお金を

 効率的に運用し

 お金を増やしていく。

   これが理想です。」
 
涼子「そうやって賢く保険に入って、
   投資でお金を増やして、
   いつかお金持ちみたいに
   保険なんて入らなくても
   へっちゃらなくらいの資産
   築きたいです~」
 
吉永「そのためにも、これからも
   しっかりお金の勉強を
   していきましょう!」
yjimageTWH04SUB
 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

4.5

1 個のコメント