banner-article-top

4-2 あなたもそうかも⁉マズい保険の入り方

4.2

4.2↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

 

第一話「徹底見直し!保険のすべて」

 

    episode4-2

「本当にお得な保険に入るために」

 

吉永「さて、昨日見たように、多くの人が

   お得でない保険に入っているわけですが、
   それはなぜなのでしょうか?
   それは加入の仕方にヒントがあります。」
 
夏美「ちなみに、涼子さんのご家族はどうやって 
   保険を選んだって言ってました?」
 
涼子「うちの叔母が、
   保険のセールスをやっていたから、
   付き合いで加入したそうです。」
yjimageTFA8PVOE
 

吉永まさにそれなんですよ!

   多くの人が損している原因は!!

 
涼子「えっ!?どういうことですか?」
 
吉永「保険というのは、入ったほうがいいとは
   分かっているものの、よくわからないから
   勧められるがままに加入するという
   パターンが非常に多いんです。
   特に、知り合いや親戚が
   保険のセールスというケースは!」
 
夏美「一昔前だと、新卒で入社すると、
   会社に保険のおばちゃんがやってきて
   皆勧められるがままに
   加入したなんて聞きますよね」
yjimageMBVJ15J5
吉永「確かに、それでも
   良かった時代もあるんです。

  昔は、保険料は、法律によって、

  全ての保険会社が、

  同じ商品を同じ値段で

  販売するよう義務付けられていました

   商品や値段に、会社間での差が
   ほとんどないことから、
   「保険は誰から何を契約しても
   変わらない」という時代だったんです。
   こういった背景から、日本では、
   保険はいいものを選んで 
   加入するのではなく、いわゆる

 「義理・人情・プレゼント」

   
   略してGNPの3要素が
   重要というのが常識となりました。」
img1
 
涼子「じ…GNP!?」
 
吉永「もともと「義理」と「人情」に厚く、
   「プレゼント」を貰うと断れないのは
   日本人の特徴です。
   このため、「職場に訪問してきた
   保険セールスがいい人だったから」
   「取引先や親戚・知人に
   紹介されて断りきれずに」
   などの理由で保険に入っていたんです。」
20100125-00001080-r25-001-2-thumb
 
夏美「当時だと、今みたいに、自分から
   加入しに行く人は保険金殺人を 
   疑われることもあったそうですよ。」
 
涼子「じゃあどうして今のような形に
   変わったんですか?」
 
吉永「きっかけは1996年に起った

  有名な『金融ビッグバン』です。

yjimageYJG4HI1E
   この『金融ビッグバン』により、

   保険料から商品まで

   自由競争の時代に突入したのです

   それで現在では、保険会社により
   大きく保険料は異なり、
   保険会社を選ばないと大損するといっても
   過言でない時代になったのです。」
 
涼子「あの…私の両親、96年以前に加入してから
   1度も見直してないと思うんですけど…
   これってまずいですよね?」
 
吉永「申し上げにくいですがマズイですね。
   でも、ご両親のように昔加入した保険を
   現在も継続している方って多いですよ。」
 
涼子「帰ったらすぐに見直すように言わないと!
   あ…でも、〇✖生命保険のセールスを
   やっている叔母さんの勧めで 
   入っているから断りづらいのかも…?」
 
吉永「安心してください。
   ご両親のように、世の中にはこういった
   保険会社の社員の勧めで保険に入る方が 
   95%と圧倒的に多数で、
   皆さんその人との関係を気にされます。
   でもね、この保険を売ることで

  セールスさんが得られる報酬って、

  加入してから2年までが対象なんですよ

   3年目以降の加入はセールスさんに
   とって何のメリットもないんです。」
 
涼子「ええ~!じゃあ
   何も気兼ねする必要はないんですね!?」
 
吉永「はい、ご両親以外にも、もし周りに
   保険のセールスさんの勧めるがままに
   保険に加入していて、
   すでに2年経過している人は
   なんの後ろめたさもありませんから
   すぐに保険を見直すよう
   教えてあげてくださいね」
 
涼子「でも、なんでセールスさんの
   勧める保険だと損するんですか?」
 
吉永セールスさんはお客さんが
   保険に加入することで報酬を得られます。
   しかしこの報酬というのは

   商品毎に値段が違うんです。

   そのため、中には、
   お給料アップのために、
   より高額な報酬を得られる商品を
   売ろうとする人もいるんです。」
yjimageED6PUD30
 
涼子「そうなんですね。
   ここまで聞いていると、
   どこかの会社のセールスさんよりは、
   今はやりの『ほけんの窓口』的なところに
   行った方が間違いないような気が
   してくるんですけど、どうですか?」
 
吉永「はやりの来店型保険ショップですね。
   たくさんの保険から自分に合ったものを
   選んでくれるというのが売りですが、
img05

   あまりオススメはしません。

   こういったショップは、
   CMやHPでアピールしているとおり、
   手数料がかかりません。
   じゃあ会社はどうやって
   利益を出してると思いますか?
 
涼子「先ほどの話から察するに…
   保険会社からの報酬…?」
 
吉永「その通りです。
   ここもお客さんが保険に加入することで
   保険会社から報酬をもらいます。」
 
涼子「ということは、儲けのために
   不必要な保険や
   もらえる報酬の金額が高い保険を
   勧めてきたりするんじゃないですか!?」
 
吉永「残念ながら、中には
   そういう販売員もいるでしょうね。」
 
涼子「もうどこに相談しに行ったらいいのか…

   結局、誰に保険を見てもらったら

   一番お得に入れるんですか?」

 
夏美「涼子さん!何のためにうちの事務所に
   いらしたんですか!思い出してください! 
   ここはファイナンシャルプランナー事務所!
   お金にまつわるあらゆる悩みを
   お得に解消する場所ですよ!」
 Fotolia_42974805_XS2-300x200
 
吉永「結局のところ、タダで相談して
   お得な保険に加入しようというのは
   少々虫がよすぎるということなんです。
   一時的には相談料がかかったとしても
   せいぜい1万円ほど。
   FPに相談する方が無駄に何百万も
   払うことにならずに済み、結果として 
   得するということをご理解ください。」
 
涼子「分かりました!じゃあとびきりお得で
   私にピッタリな保険を教えてください」
 
4-2
 
▼第三話(下記をクリック)▼

保険で損をしないために必要なこと

 

 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

4.2

4 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    tomonori

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。