banner-article-top

3-2 最強の投資法!その名は…

3.2

3.2↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

 

第一話 「外貨預金ってどんなもの?」

 

Episode3~2~

「魔法の投資法・ドルコスト平均法」

 
 
涼子「さあ早速昨日言っていた為替リスクを
   回避する方法教えてください!」
 
吉永「では率直に言いましょう。
   その方法とは、

 ドルコスト平均法です。」

images0ILC92FN
 
涼子「ド…ドルコスト平均法…?
   初めて聞く単語です…」
 
吉永「なかなか聞かない用語ですからね。
   知れば「驚きの手法と結果」だと
   感じるはずです。」
 
涼子「どんなものなんですか?」
 

吉永一定金額を積立て続ける

   ただそれだけです。」
 
涼子「えっ!?それだけですか?」
 
吉永「分かりやすく説明しましょう。
   例えば、涼子さんの友人が
   会社を作ったとします。
   その友人の為に、その会社に
   投資をしてあげたい。
   しかし、資産が手持ちが少ないので
   一括投資は難しい。
   なので毎月1万円ずつ
   投資をしていくと決め
   1年間投資していくとしましょう

 
涼子「はい」
 
吉永「もし仮に1株=1万円であれば
   買える株は1株ですよね?なので、 
   まず1ヶ月目は1万円で1株を購入します」
無題2
涼子「ふむふむ」
 
吉永「しかし、世の中はそう甘くありません。
   次の月はいきなり株が半分まで
   落ちてしまいました。
   しかし、毎月1万円ずつ投資をしていく
   決めたので、翌月も1万円分購入しますね。
   すると、この時株の価値は
   1株=5000円なので
   2ヶ月目は1万円で2株を購入しました。」
 
涼子「株数は増えましたね」
 
吉永「そこに注意していてくださいね。
   さて、友人の会社、次の月も更に
   株が半分まで落ちてしまいました。
   それでもその月も1万円分購入しました。
   すると、この時株の価値は
   1株=2500円なので、3ヶ月目は 
   1万円で4株を購入したことになります。
   この時投資しているお金は3万円。
   手にしている株は7株。
   平均すると1株あたり4285円
   払ったことになります。
   そして、この平均というのが重要です。」
株1
涼子「平均すると1株当たりだいぶ安いですね」
 
吉永「話はまだ続きますよ。
   4ヶ月目も株価は半額に下がり
   7ヶ月目まで株は下がったままでしたが
   毎月1万円ずつ投資をし続けます。
   その結果、
   この時投資しているお金は7万円
   手にしている株は39株
   平均すると1株あたり1795円
   払ったことになります。
無題5
 
涼子「安い…儲けとか出てなさそう」
 
吉永「その通りです。
   現在1250円の状態で株を売ってしまうと
   1250円×39株=48750円なので
   売値48750-投資金額70000円=-21250円
    つまり…

 21250円の損失

   となってしまいます。」
 
涼子「全然リスク回避になってないー!」
 
吉永「待ってください。
   今まで株価がどん底だった
   友人の会社でしたが、
   なんとか事業が軌道に乗り始め、
   徐々に株価が回復してきました。
   1株3000円まで戻ってきました。
   そうしたらどうでしょう?
   どれくらい利益が出るかというと…
   3000円×39株=117,000円
   売値117,000円-投資金額70000円=41,700円

   なんと…

 投資金額の50%以上

   の利益が出るのです。」
 
涼子「ええ~スゴイ!最初に投資し始めたころの
   株価にならなくてもいいんですね!?」
 
吉永「そう、投資し始めた1株1万円まで
   戻らなくても利益は出るんです。
   ちなみに株価が1万円まで戻ったとすると
   10,000円×39株=390,000円
   売値390,000円-投資金額70000円=
   320,000円

 投資資金の約5倍の

 利益を得ることが

 出来ます

482385_303966569733345_263455253_n

涼子「きゃー♡最高ですね!」

 

吉永「さて思い返してみてください。
   今回はお金がないので
   月に1万円しか投資してきませんでした。
   しかし仮に、最初に資金があって
   一括で7万円を投資していたとしたら
   どうなったでしょうか?
   株価が3000円に戻ったところで
   投資当初の株は1万円なので

  70%のマイナスです。

   つまり、株価が1万1円以上にならないと
   利益を取ることが出来ないのです」
 
涼子「そうか!
   最初に投資したときの株価に戻らないと
   損すると私が思ったのは
   一括投資にしているときなんですね。
   ということは、一括じゃなくて
   毎月ちょこちょこ投資した方が
   儲かるってことですか?」
 
吉永の通りです!

  ドルコスト平均法は

  負けにくい投資方法なのです!

   ニュースで○○ショックという
   言葉を聞いたりしますよね?
   こういう時は株価が大暴落するので、
   一括投資をしていると
   非常にリスクが高くなります。
   例えば、600万円の資産があった際に
   一括投資をしてみるとします。
   色々なパターンの相場の動きで
   シミュレーションをした場合
   このような結果になります。
600
 
涼子「AとBは儲けが出ていますね!
   Cは変わらず、Dは大損ですね」
 
吉永「いえ、Cは損しています。
   利益は0で、
   元本は減っていないように見えますが、
   為替手数料の分お金は減っています」
 
涼子「あ、そっか!
   じゃあ利益がでるのはAとBだけ!」
 
夏美「でも、Aの様に、相場がまっすぐ
   上がり続けることってほぼないですから、
   現実にあり得るとしたら
   Bのパターンしか勝てないんですよね」
 
吉永「しかし、これも株をお金に戻す日に
   最初より価値が上がっているかが
   決め手となります。
   「上がった!さあ売ろう」とした瞬間に
   下がってしまえば、それまでどれだけ
   価値があっても利益になりません。」
20121003Sato01
 
涼子「…やっぱり投資ってリスキーなんですね」
 
吉永「そこで先述のドルコスト平均法です。
   同じように10年で600万円かけるのを
   ドルコスト平均法でやってみましょう。
   10年で600万円なので、
   月に5万円ずつ積立をする
   シミュレーションになります。
 
ドルコスト平均法
   10年後戻す時に
   A:3倍になってるが資産が約1.6倍に
   B:2倍になってるが資産が約2.3倍に
   C:最初と変わらなかったが資産が3倍に
   D:価値が半分なのに資産が約1.6倍に
   となっています」
 
涼子「ええ~不思議!
   一括のときと違って、どのパターンでも
   利益が出てる!何で!?」
 
吉永「単純な仕組みです。
   「安い時に沢山買える」からです。
   いい時も悪い時も平均してみることで
   利益が出るようになるんです。」
 
涼子「ということは、外貨預金も
   ドルコスト平均法を使えば
   負けにくくなるってことですか?」
 
吉永「そうなんですドルコスト平均法は、

  リスクヘッジをしながら

  利益を出しやすい

   という最強の投資手法なんです。
   これを使うことによって、
   為替相場に一喜一憂せずに
   資産を増やしていけるんです」
 
夏美「そしてさらにドルコスト平均法には
   メリットがあるんです!
   次回乞うご期待!」
 
3.2
 
 

▼Episode3~3~▼

どの外貨が1番お得なの?

 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

3.2

4 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    tomonori

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。