banner-article-top

2-4 敵か味方か…円安を知ろう!

money_weak_yen

↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

 

第1話 放っておくと資産は半減する⁉

第2話 銀行預金じゃお金が減る!?

第3話 今から動こう!インフレ対策

 

Episode2~4~

「円安は私たちの敵!?」

 
吉永「アベノミクスでインフレになるという
   理由はお分かり頂けたかと思いますが、
   インフレと関係性が強いもう1つのコト、
   涼子さんはご存知ですか?」
 
涼子「もう!わかるわけないじゃないですか!
   何ですか?」
 

夏美円安ですよ

money_weak_yen
 
涼子「インフレと円安に何の関係が?」
 
吉永「そもそもインフレとは、
   物やサービスの価格が
   持続的に上昇することでしたね?そして
   それに伴って貨幣価値が下がりました。
   1パック200円の卵が300円になれば、
   卵が値上がりしたとも言えますし、
   お金の観点からすると200円では
   卵1パックを買う力が無くなった
   ともいえるからです。
chart1

  インフレが起こっている国の通貨は、

  「通貨価値が持続的に下落している」

  ということです。

  つまり対外的にみると、同時に通貨安が

  進行しているということになるんです

 
夏美「今まで日本はずっとデフレ状況で、
   かつ円高でしたもんね。」
 
涼子「なるほど~それで、
   円安になると何かまずいんですか?」
 
吉永「涼子さんはそもそも
   円安のメリットってご存知ですか?」
 
涼子「えーと、円が安いと、海外の人が
   物を買うときお得ってことだから、

     輸出業にメリットですかね?」

 
吉永「まさにその通り!海外の人たちにとって
   日本の商品が安くなるため
   売れやすくなり、
   輸出企業に有利な状態となります。」
 17
涼子「ならいいことじゃないですか~
   輸出業が伸びれば会社の業績も上がるし」
 
吉永「そう簡単にコトは運ばないんです。
   確かに、アベノミクスは円安を誘導して
   輸出企業の利益増加を狙っています。
   日本は自動車産業などで輸出大国のため、
   そういった企業の利益が増加することは、
   雇用拡大・所得増加につながると
   考えられているからです。」
chart3
 
涼子「なら問題ないじゃないですか。」
 
夏美「企業の利益が従業員に還元されれば
   もちろん問題ないし良いことなんです。
   そうなれば消費も拡大しますし、
   ひいては輸出とは関係ない内需産業も
   潤うので万々歳の結果ですよね。
   でもそううまくはいかないんです。」
 
涼子「と、いうと?」
 
吉永「輸出企業の利益が増大したのは確かです。
     しかしその利益が従業員へ
   還元されているかというと
   そうとも言えないのです
   政府は企業側に給与として還元するように
   勧告していますが、実際は
   はかどっていません。そして大きいのが

 産業の空洞化です。」

 
涼子「産業の空洞化って何ですか?」
 
夏美国内企業の生産拠点が
   海外に移転することにより、
   その産業が衰退していく現象です!」
 
涼子「えーと、ユニクロが海外で製品を沢山
   作っているのに関係あります…?」
 
夏美「そうですそうです。ユニクロを作ってる
   ファーストリテイリングやトヨタとかは
   費用の安い海外の工場で
   物を作っていますよね?
china
   つまり国内で作っていない。

 雇用が生まれないですよね。」

 
涼子「確かに!中国とかインドとか海外の人が
   仕事してるんですもんね。
   ということはお給料は海外へ…?」
 
吉永「その通りです。産業の空洞化で
   国内に雇用が生まれないばかりか、
   給与として利益が国外に出ているんです
 
涼子「そう聞くと確かにメリットじゃない…」
 
夏美「そして円安はデメリットが大きいんです。
   円安が進めば輸出企業の競争力は回復する
   一方、逆に

  輸入品が値上がりします。」

 
涼子「円が安いと、外国から買うのに
   お金がたくさんかかるからですね?」
 
吉永「その通り!
   その影響で去年の春ごろから、
   油や小麦粉をはじめとする食料品、
   ティッシュなどの日用品、
   電気やガス料金も値上げされています。
   日本の食糧自給率は40%程度。
   輸入に頼っているのが現状です。
   今までは円高のおかげで、食料品は
   低価格であり続けられることが出来、
   不況下で所得が少なくても、
   生活は支えることが出来ていました。
   が、円安により輸入物価が上昇すれば、
   今まで安かった食べ物も
   値上がりする可能性があります。」
baf62caf
 
夏美「でも現状では物価の上昇に見合うだけの
   賃金の上昇も見込めません。」
 
涼子「昨日言ってた
   スタグフレーション状態じゃないですか!」
 
吉永「そうなんです。円安がさらに加速すれば、
   輸入に頼っている食料品や燃料がさらに
   値上がりし、雇用や所得の増加どころか
   真逆の結果となってしまいます。
 
涼子「円安って個人にメリットない気が…
   備えるにはどうしたらいいんですか?」
 
吉永「一言でいうと、

  資産を円だけで持つのは

  やめるべきです。」

 
涼子「どうしてですか?」
 
吉永「単純な話で、
   円の価値が下がっているのだから、
   それしか持たないというのは
   危険というわけです。
   ドルやユーロなど別の通貨でも
   資産を作っておくんです。」
 
涼子「前に言ってた海外預金ですか?」
yjimageCE0R8DUF
夏美「そうです!海外預金は利率もいいですし、
   円高で預けて、円安のときに戻したら
   すごく高くなってるかもしれませんし♪」
 
涼子「ちょっと興味出てきたかも!」
 
吉永「では来週は気になる海外預金を
   しっかり学びましょうか!」
 
 2.4
 
 
【第五話】

⑤資産価値を守る編まとめ

 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

money_weak_yen

1 個のコメント