banner-article-top

2-3 きたるインフレ時代に備える!

pic_05

↓初めての方は是非こちらから↓

ファイナンシャルプランナーって何?

 

第1話 放っておくと資産は半減する⁉

第2話 銀行預金じゃお金が減る!?

 

Episode2-3

「今から動こう!インフレ対策」

 
涼子「は~、しかしアベノミクス、
   成功してほしいと思ってましたけど、
   成功したらインフレになって
   資産価値が減るなんてショック…
   あ!成功したらインフレになるなら
   失敗したときはどうなるんですか?」
 
yjimage38MDRH0E
 
吉永「いい質問ですね!
   せっかくの機会ですから
   一緒に説明しておきましょうか。
   最悪の場合は

    スタグフレーション

   という状況に陥ります。」
 
涼子「スタグフレーション?」
 
吉永「スタグフレーションとは、
   景気の停滞にもかかわらず、
   一般物価水準が継続的に
   上昇している状態のことです。

  雇用や賃金が減少する中で

 物価上昇が発生し、

 お金や預貯金の実質価値が

 低下するため、生活が

 苦しくなってしまうのです。」

10262651-graph-showing-the-falling-value-of-the-yen

涼子「…あの…失敗したときっていうか、

 今ってまさしく

 スタグフレーションな

 状態じゃないですか…?

   お給料は増えてないのに
   いろんなものの値段あがってますけど
 
夏美「確かに、サラリーマンの平均年収が
   9年連続で下落しているにも拘らず、
   ガソリンを筆頭に食料品から公共料金まで
   あらゆる物が値上がりしてますね。」
 
吉永「実は、今まで説明してきたインフレは、
   物価が上がっても、その分所得が
   増えているという想定だと
   アベノミクス的に成功と言えるんです。
   しかし現実問題、報道されているほどは
   私たちの所得が増えているという
   実感はありませんよね?
   涼子さんが言う通り、
   アベノミクスの結果が出る前に
   最悪の状況がもたらされているのです。
toramicolum2
 
涼子「もはや最悪の事態なら
   なお急がないといけないじゃないですか!
   今まで通り何も考えずに
   利率の悪い銀行に預金しておくと
   実質的にお金が減る以外に
   あとは何を気を付けたらいいですか?」
 
夏美「では今日はインフレ対策を
   いくつかご紹介しますね
 
吉永「インフレに備える姿勢としては、
   利率の良い銀行に預けるのも大切ですが、

 もっと積極的に資産を

 増やしていこうとするのが

 大切です。

   景気回復を狙っているような今の時期は

 株式や不動産などが投資先として

 強みを発揮します。」

MMSUs1000003082011_1_0_s1
 
涼子「でも株や不動産を買うほどの
   大金がある人なんて少なくないですか?」
 
吉永「そうですね。株式や不動産を買うには
   ある程度まとまったお金が必要です。
   なので、株式等を多く組み入れた

  投資信託オススメです。」

 
涼子「投資信託ってどんなものなんですか?」
 
吉永「投資信託はファンドとも言いますが
   これは一言でいえば
   投資家から集めたお金を
   ひとつの大きな資金としてまとめ、
   運用の専門家が株式や債券などに
   投資・運用する商品です。」
yjimageJQUZDIKU
 
夏美「そしてその運用の成果が、私たち投資家
   それぞれの投資額に応じて分配されます」
 
涼子「ということは、当然
   元本は保証されてないですよね?」
 
吉永「はい。集めた資金をどのような対象に
   投資するかは、投資信託ごとの運用方針に
   基づき専門家が行います。
   投資信託の運用成績は、
   市場環境などによって変動します。
   運用がうまくいって
   利益が得られることもあれば、
   うまくいかず投資した額を下回って、
   損をすることもあります。」
 
涼子「まだちょっとチャレンジする勇気が…」
 
吉永「あとは、円安傾向の今であれば、

 外貨預金など

 海外に投資するのも手です。

yjimage71HAR7GZ
   海外の銀行の利率は非常にいいですし
   安定していますからね。」
 
涼子「う~んどうしても投資はまだ心の準備が…
   殖やすつもりで減るかもと思うと…」
 
吉永「その辺はおいおい説明するので、
   説明を聞けば安心されると思いますよ?
   とはいえ投資に抵抗感があって、
   どうしても挑戦できないというならば、
   預金や保険で対策するしかないですね。
   保険について近々しっかり
   お話しするので簡単に言いますが、

 インフレ時に不利な保険

   というものがあります。

   それは、受け取る金額が

   契約時に決まっている保険です。

   先述の通り、インフレ下では相対的に
   お金の価値が目減りするので、
   保険の中でも契約期間が長期にわたる

 終身保険や定期保険ほど

 インフレ下では不利となります。

   仮にインフレ率が2%のまま20年経過し、
   その時点で2000万受け取ると、
   その現在価値は約1340万円に、
   30年後ならば約1100万円へと
   半分近くまで目減りしてしまいます。」
 
涼子「どうすればいいんですか?」
 
吉永「インフレリスクに備えるポイントは

 契約を減らすことと

 契約期間を短くすることです。

83R83X83g8DED8CB8
   とにかくインフレで目減りする金額を
   小さくしようとしなければいけません。
   「20年としているものを10年に短くする」
   「定期特約そのものをやめる」といった
   保険の見直しをするべきです。」
 
涼子「これから加入する私は
   そこに気を付ければいいんですね!」
 
吉永「その通りです。あと住宅ローンですね」
 
夏美「涼子さんはまだ住宅ローンを
   借りていないので、今後の参考程度に
   聞いていてくださいね」
 
吉永「インフレリスクに備えるために
   住宅ローンで気を付けるべきは金利です。

 インフレになると

 金利も上昇します。

   インフレに伴い
   住宅ローン金利が上昇し続ければ、
   ローンが払えず破産したり、
   せっかくのマイホームを
   手放さなくてはいけない事態となります。
   なので金利が変動する変動金利タイプか

  固定金利タイプへの

  切り替えをした方がよいです。

   一般的に、変動金利の住宅ローン金利は、
   全期間固定の金利よりも低いため、
   「フラット35」などの固定金利ローンに
   借り換えると、月々の返済額が増加する
   可能性はもちろんあります。
   短期的に見れば、支払金利が増加するので
   苦しいですが、変動のままにしておいて、
   インフレ時に困るよりはましですから、
   金利水準が低い今のうちに、
   金利変動リスクがない「フラット35」に
   借り換えるほうが結果的にはお得です。」
yjimageP60SGSQB
 
涼子「アベノミクスなんて自分には
   関係ないと思ってましたけど、
   こうやって聞いていると、
   当たり前に影響があって、
   ぼやーっとしていると損するって
   いうのがよくわかりました。」
 
夏美「アベノミクスが成功しようと失敗しようと
   どちらに転んでも、国は私たちを
   守ってくれませんからね。
   自分の資産と生活をしっかり守れるよう
   意識して過ごすことが本当に大切です。」
 
2.3

【第四話】

④敵か味方か…円安を知ろう!

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

pic_05

4 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。