banner-article-top

1-4 独身者にこそFPは必要⁉

4

         4   ↓初めての方はゼヒこちらから↓
第1話 http://itsa-money.secret.jp/?p=2892
第2話 http://itsa-money.secret.jp/?p=2801
第3話 http://itsa-money.secret.jp/?p=2811
 

       第4話

  「独身者にFPは必要ない?」

【FPが必要なのは既婚者だけ?】

涼子「前回までで、結婚してからは
   何かとFPさんにお世話になるのは
   イメージできたんですけど、
   逆に独身の人にはあんまり
   関係ないというか…
   結婚するまで必要ないように
   思えちゃうんですけど」
 
夏美「涼子さん、
   それは大きな間違いですよ…
   むしろ

   独身の人こそお金の相談しに

   行くべきなんです!」

涼子「え!?どういうこと!?
   結婚してなければ子供の学費
   とか必要ないわけだし…
   1人身ってそんなにお金
   必要なことがないような?」
 
吉永その考えは大甘です!
   独身を貫くことになりそうな人こそ
   しっかりお金を貯めて
   おかなければいけません。
   独身ということは、
   自由で気楽かもしれませんが、
   配偶者がいない分、自分ひとりで
   何でもしなきゃいけないんです。
   イザという時すぐに助けてくれる人が
   いないことに危機感を持たないと!」
 
涼子「い…いやに熱いですねお二人共…
   (私独身じゃないんだけどな…)」
 
吉永「独身の人こそ、逆にきちんと
   した資金計画が必要なんですよ。

   独身は確かに子育てに関する

   お金が一切必要がありません。

   それが逆に

  『貯金をしなきゃ』、

  『お金を用意しておかなきゃ』

   という意識を薄くするんです

yjimageWOJY1YRF

 【独身者は貯金が少ない⁉】

涼子「確かに出産・受験・高校入学・
   子供の結婚・孫の誕生とかっていう
   ライフイベントが丸ごと無い
   わけですもんね。
   切羽詰って貯金なんてしませんよね」
 
吉永「そうなんです。
   独身者はライフイベントによる
   メリハリがなく、お金を貯める目標が
   ”遠い先の老後”という
   1点だったりするため、

   貯蓄のモチベーションを

   上げにくい部分があります。

   それなりに貯蓄しているつもりでも、

   実際には必要なお金が

   全然貯められていなかった

   というケースが少なくないのです」
af9970047314l

 

夏美「加えて、独身者は稼ぎが全て自分の
   ために使えます。
   お金にゆとりがあると、人は
   どうしても贅沢になりがちです。
   独身者の場合、特に男性は、
   ファミリー世帯ほどの倹約は
   しない人が多いんです。」
 
吉永「このように、現役時代にお金に
   余裕を持って生きてくると、
   いざ定年退職し、
   年金と貯蓄の切り崩しで
   倹約しながら生きていく状況に
   なっても、生活のレベルというの
   はなかなか落とせないものです。
   例えば、これまで外食中心で
   月に何万円も食費を使ってきた
   人が、それを半分以下に抑えると
   いうのはかなりきついでしょう?
   そのため、結果として年金だけで
   生活費がまかなえずに貯蓄を
   ハイスピードで取り崩してしまい、
   後々困る危険性も出てきます
 yjimageRD0269R0
涼子「それうちの叔父さんですよ!
   ずっと独身で、外食三昧に
   趣味の旅行と車に散財して、
   70歳の今ひいひい言ってます」
 
夏美「独身であるということは、
   1人分しか稼ぎがない
   ということですよね。
   夫婦であれば、
   自分の稼ぎだけで家計が厳しい時は、
   配偶者も働くことで
   年収を50%増やすことも可能です。
   でも、1人で年収を5割増しに
   するのは簡単じゃありません。
   また、病気になったり、
   会社が倒産したときなど、
   所得が減ってしまっても
   夫婦暮暮らしなら対応できますが

  独身者にとって、

  自分を支えられるのは自分と

  自分の財産だけです。」

 

吉永「だから生涯独身で行こうと
   考えている人は、今から
   老後の心配をするべきなんです。」

【独身者にはいくら必要?】

 
夏美「稼ぎは自分のためだけに使えるため、
   子どものある夫婦よりリッチな生活を
   数十年続けてきた独身貴族も、
   年金生活に限ってみれば、収入は
   完全に逆転してしまうんですよね
   生涯独身ライフの不安は
   まさに老後にあるんです!。」
 
吉永「今までと同じ水準の生活を望むなら、
   かなりの金額を自分で
   準備しておかなければなりません。
   男性の65歳時点での平均余命は
   約18年ですから、
   仮に毎月15万円追加するくらいの
   生活費が欲しいとしたら、

  単純計算でも3240万円の財産が 

  必要になるということです!

   老後もお金に不自由したくないなら、
   現役時代から積極的にお金を貯め、
   増やすことを意識することが
   欠かせないというわけです。」

 

涼子「頼る相手もお金もないとか
   悲惨すぎますもんね」
 
夏美「そして忘れてはいけないのが

 介護問題です。

yjimageX2XZ5QIM
   配偶者や子どもがいれば、
   万一自分が要介護状態になっても
   面倒を看てもらえることができます。
   でも独身者の場合は、
   誰にも面倒を看てもらえない
   可能性が高いです。」

 

吉永「その場合、お金を払って他人に
   介護してもらわざるを得ません。
   自宅療養で病院に通うにしても、
   ご飯を作るにしても、
   誰か他人の手を借りる必要があり、
   そのたびにお金がかかります。
   それを考えると、介護費用として

 1000万円は用意

   しておいたほうが安心といえます。
   状況次第では老人ホームなどの施設に
   入ることもありえますが、
   こうした施設は入会金のほか、
   だいたい月15~30万円は
   かかると考えておいてください。
   『家を購入したから老後の
   住居費は心配ない』という方も、
   施設に入る場合の想定は
   忘れずに考えてください。」
yjimage3WUKCEV4

 

夏美「まとめまーす。

  独身者で、病気や

  要介護状態にも備えつつ、

  まずまずのゆとりある

  老後を送りたいという人は、

  現役のうちにファミリー世帯の

  2倍の老後資金を貯める

  つもりでいないといけません

fce70_1371_93633463_8755d695
 
涼子「それを聞くと確かに独身の人も、
   というより独身者こそFPに
   相談しに行った方がよさそうですね」
 
吉永「そう思ってもらえると嬉しいです。
   現代はとかく独身の方が増えて
   きていますからね。」

【非正規社員は要注意!】

237155_photo
吉永「ご覧のように未婚者は
   増えていく一方です。
   結婚しようと思っている人も、
   絶対に出来るとは限りませんよね。
   結婚したかったのに、
   結果としてできなかった時、

   配偶者ばかりかお金まで

   ないということがないように

   早め早めの対策が必要です」
 
夏美「あと、要注意なのが低所得ゆえに
   結婚できなかった人です!
   今の時代、収入が少なすぎて
   結婚できないという人
   多いですよね?
   それなりに収入があれば、
   自分の意識・使い方次第で
   貯蓄ができるようになりますが、

   賃金が高くない非正規社員の方

   などは、月々の貯蓄に回せる

   お金の余裕がないこと、

   ボーナスや退職金がないこと、

   また老後に支給される年金額が

   少なめになってしまうので、

   切実に老後のマネープランを

   考えた方が良いです!

 
涼子「なんかこう聞くと『お金がないから』
   とか言わずに、出来る限り結婚する
   方がいい気がしますね。
   そういえば、今朝のニュースで、
   未婚男性の寿命は、
   男性平均に比べ9歳も短いって
   言ってましたし。」
 
吉永「うぅ…本当誰か僕と結婚して…」
 
 4origin
 
第五話▼下記をクリック▼

FPとの付き合い方編まとめ

 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

4

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    tomonori

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。