banner-article-top

宝くじを投資にしたらどうなるか?

dmm-manga
日本人は投資よりも宝くじが好きだというのをご存知でしょうか?
宝くじは、ギャンブルの一種ですが
他のギャンブルと違って宝くじを買う方の中には
夢や楽しみを買うという趣味的な意味でやっていらっしゃる方も多いので
他のギャンブルと捉え方が違うのは確かです。
 
しかし、仮に投資と同じように資金を
宝くじに費やしたとしたら!?
 
今週最後の記事は

宝くじを投資にしたら!?

をテーマに投資を紐解いていきましょう。

 

宝くじの積立のように購入したら


今年の年末ジャンボ宝くじは1等前後賞合わせてなんと7億円という史上最大の金額で話題になっている。

ちなみに1等4億円は68本、前後賞の1億円が136本なのだそうだ。一見した感じでは「毎年200名以上が億万長者!」とまさにドリームジャンボの名に相応しい夢を見られるのだが、実際その当選確率は何%ぐらいなのであろうか?

調べていくうちに、砂漠の砂の中から金粉を探し当てるほど、1等の当選確率が低いということが判明した。これが以下のデーターである。

データーによれば1等の当選確率は驚くことに1000万分の1である。

これは交通事故で死ぬ確率が1万分の1なので、それよりもはるかに低い確率。

カジノと比較すると、カジノで億万長者になる確率が60万分の1なのだそうだ。

カジノよりも億万長者になる確率はずっと低いのである。

 

さらには元金が返ってくる7等で10分の1。

当たった! と喜べる当選金額10万円分でも1万分の1である。

これでは割に合わないのではないだろうか。

「ここで買えば当たりやすい」といわれる“高額当選したという宝くじ売り場”も存在するが、実のところ、どこの店でクジを購入しようが当選確率に変わりはない。その売り場で大勢の人間が宝くじを購入すればするほど、その売場での高額当選者は出やすくなるからだ。なので、どこで買おうが行列をなして並んで買おうが、当選確率は全く一緒だというのが答である。

 

しかしながら買わなきゃ当たらないというのも事実であるし、実際に当選したラッキーな人も存在することは忘れてはならない。

だが、その大金を手に入れるためには1枚300円のリスクを支払い、1000万分の1を目指してどれだけの可能性でドリームチャンスをゲットできるのだろうか?

そこで『web宝くじシミュレーション』というものがあったので、これでシミュレーションしてみた。(2011年度バージョン)

http://homepage2.nifty.com/kaz/takarakuji/sim-nenmatsu.htmlより

100万円購入したシミュレーション


当選金額:25万1200円

収支:-74万8700円

150万円万円購入したシミュレーション


当選金額:36万円

収支:-114万300円

500万円購入したシミュレーション


当選金額:125万4800円

収支:-374万5300円

1000万円購入したシミュレーション


当選金額:234万3200円

収支:-765万7000円

1000万円を購入しようがそれでも4等の50万円には手が届かなかった。1300万円購入したころを過ぎたころにようやく、4等の50万円が当選した。


当選金額:363万4500円

収支:-955万2600円

そして1500万円分(5万枚)の宝くじを購入した結果…

シミュレーション結果

購入金額1500万円
購入枚数 5万枚
当選枚数 5574枚
7等 300円 5000枚当選 150万円
6等 3000円 529枚当選 158万7000円
5等 1万円 44枚当選   44万円
4等 50万円 1枚当選 50万円
3等以上 なし
 

購入金額1500万円 当選金額 402万7000円 収支(合計)-1097万3000

マイナス1000万円以上の大赤字となってしまった。

このような結果を見ても1000万分の1の可能性を信じて宝くじで夢をつかもうとするかどうかは、購入するあなた次第である。

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

ABOUTこの記事をかいた人

コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。