banner-article-top

政府閉鎖って何!?あなたも世界も揺るがすアメリカ事情!!part1

1 
先週は日本の現状や世界を知るべき理由について解説させて頂きました。
今週は…

世界を知る

というテーマで1つの国にスポットを当てて紹介していきます。
 
あなたは世界をリードする国はどこか?
と聞かれたとしたらなんと答えますか??
 
恐らく多くの方が経済力、軍事力、政治力等、様々な観点から『アメリカ』と答えるのではないでしょうか。
 
そんなアメリカで、先月起きていた政府機関の閉鎖をご存知でしょうか?
10月1日から2週間以上に渡り、アメリカでは政府機関の一部が閉鎖されていました。
 
280万人の連邦職員(アメリカの公務員)のうち、必要不可欠でない業務についているおよそ80万人が自宅待機になり、さらに130万人が無給での勤務を行っていたそうです。
 
世界一の超大国アメリカでなぜこのような事態が起きたのか?
そして政府閉鎖が経済に与えた影響はいかほどの物だったのか?
この2つを今週は読み解いていきましょう。
 

【アメリカの政治って??】

 2
みなさんはアメリカの政治の仕組みを知っていますか??
以下の図ではアメリカの政治機構の仕組みを示しています。
3
 
アメリカも日本と同じように立法、行政、司法が分かれており
それぞれ連邦議会大統領連邦最高裁判所がその役割を担っています。
日本も国会、内閣、裁判所というように分かれていますよね。
 
アメリカの政治において特徴的なのは日本よりも徹底した三権分立です。
アメリカの大統領は議会に対して一切の責任を負うことはなく国民に対して責任を負うこととされています。
 
 

【政府閉鎖の原因は?】

今回の政府閉鎖の原因となったのは、立法機関である連邦議会でした。
アメリカの予算年度は10月1日から9月の末日までとなっているのですが、議会で予算案を通すことが出来ずに10月以降の政府の活動が一部ストップしてしまいました。
 
なぜ国の根幹をなす予算案が通らない、などという異常な事態が起こってしまったのでしょうか?
それはアメリカの現在の議会における2大政党の力関係を理解する必要があります。
 

【アメリカの2大政党】

Barack Obama
アメリカにある2つの巨大政党をご存知でしょうか??

民主党と共和党

この2つの政党がアメリカでは非常に強い力を持っています。
 
他にも党はあるのですが、20世紀以降は
この2つの政党からしか大統領は選出されていません
また、ほとんどの議員、知事、市長などがこの2つの政党のいずれかから選出されています。
 
ちなみにオバマ大統領は民主党に所属しています。
 
この2つの政党が均衡を保つことでアメリカの政治は成り立っているのですが、
今回の政府閉鎖はそれぞれの政党の考え方の違いにより、1つの政策の溝を埋め切れなかったことで起こったのです。
 
明日は…
それぞれの政党の考え方の違い
それが何故政府閉鎖という異常事態が起こるまで拗(こじ)れてしまったのかについて解説していきます。

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom