banner-article-top

身近なことからレベルアップを!!

さて、これからの時代を豊かに過ごすために必要であり重要である「金融リテラシー」
どうしたら身に着けることが出来るのでしょうか?

今日は身近なことから始められる金融リテラシーの身に着け方をご紹介します。
job
 
前々回にお伝えしたように、金融リテラシーには3つの知識があります。

・プランニング

・バジェッティング

・セービング

まずは、この三つを知っていきましょう。
 

【プランニング】

img_p00
皆さん自分の人生設計をしたことはありますか?

意外と考えたことがない人もいるのではないでしょうか。

結婚するのかしないのか、子供は何人にするのか、マンションに住むのか一軒家を買うのか、いくつでリタイアしたいのか、どんな老後を送りたいのか…

実現するかどうかは別にして、一度しっかり予定を立てることが大切です。

人生設計が出来ていなければ、今後必要となるお金の額も分かりません。

それはとても危険なことだと自覚するのがファーストステップです。
さて、人生設計をしたころで次にするのが…
 

【バジェッティング】

kane01

つまり必要な資金の予算組みです。

家を買うならいくらくらいの物件にして、頭金をいくらで用意するか。

子どもを私立学校に通わせるならいくら準備がいるのか…など

人生の節目ごとにかかるお金を計算してみましょう。

 
最後は…

【セービング】

20020609

バジェッティングで算出した金額はかなり桁が大きいと思います。 この必要な資金を得るための方法を知っていきましょう。

(以下http://urx.nu/4amKを参考に構成しました)

資産を築くと言えば、皆さん稼いだお金をどうしていますか?

 
とりあえず貯金しているという方がほとんどではないでしょうか。

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融資産に占める割合は預貯金が53.1%でダントツです。
 
もちろん銀行に預金を預けるのは悪いことではありません。

ですが、資産を築くという点においては不十分です。

銀行などに預けておいても、低金利のため長年預けていても大した額になりません。

(100万円を年利0.4%で30年間預けても、増えるのはたった9万6000円です)

株式や債券で運用すれば、統計的に年4.5%~6.5%の利息が付くことを思うとあまりに寂しい数字です。
 
私たちは今までの教育で金融リテラシーをあまりつけてこられなかったために、

リスクの少なく元本保証がしっかりしている預金をしやすくなっています

(金融資産の50%以上は預貯金で占められているのに比べて、株式の保有比率は8.5%、投資信託は6.2%に留まっています)
銀行に預金を預けても
わずかな利息しか手にすることができないと分かっていて、定期預金などに預けるということは、利益を得るチャンスがあったにもかかわらず、自らその利益を手にしないことを意味します。
 
私たちは日々の買い物では100円でも安いものを買おうとしますが、金融のことはじっくり考えず、“なんとなく預金”して、100円なんて微々たる金額ではない額を手放しているのです。
 
もちろん、「なら銀行に預けているお金をすぐに解約して株に投資しなくては!」というわけではありません。

ただ、将来に必要なお金をきちんと確保し、用意するために、何も考えないでいるのをやめましょうという事です。
 
ほんの少しからでいいから自分の資産を増やす手段を知り、知識をつけてみようとする。
それは資産を増やすだけでなく、危ない儲け話に騙される危険性を減らすことにもつながります
 
まずは「金融なんて…」といった先入観をとりさらい、金融に興味を持つことから。

自分の持っている資産を把握して増やそうと知識を集めることから始めてみましょう。

そうすれば10年後、20年後、30年後、大きく未来が変わるはずですよ♪

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom