banner-article-top

世界の波に飲み込まれない為の手段

今週最後の記事は

これからの激動していく社会で私たちは何をしていくべきか?

を紐解いていきましょう。

【労働力の価値って…】

1図3 (2)
労働力者が日々生活し労働力を維持・発展させられる為に必要な費用で決定されます。
その労働力を使ってどれだけの価値を生み出せるかが経営者の腕の見せ所です。
 
しかし、機械では昨日お伝えした価値(剰余価値)は生み出せません。
機械は燃料分しか働くことが出来ず
決まった生産数しか作るコトが出来ません。
 
つまり今回お伝えしたい重要なことは何か?
それは、会社が利益を上げる際に最も効率良く利益を上げるには
この剰余価値が重要になってくるということであり
最も重要なのは、この剰余価値は…

人間からしか生めない

ということです。
 
貴方は自分の生産性を計算したことがありますか?
その生産性に対して正しい給料をもらっていますか?
サービス残業は本当に必要だからしていますか?
もしかしたら今、貴方の労働価値は本来見合っていないのかも…
j33
 
この様に、みんなが当たり前に働き
自分の周りと同じ様な見合った給料をもらっているコトに安心を覚えているコトがリスクかもしれません。
 
なぜなら、この様な考えや習慣は一昔前のモノです。
昔の日本は

「1億総中流」

といわれ、日本国民全体が中流階級の様な暮らしをしていました。
 
そして貴方も
中流の暮らし=周りと一緒か少し上
を求めていませんか?
 
しかし、これからの日本では中流になることがもっとも難しいといわれています。
なぜなら、資本主義が生み出す格差がどんどん広がっているからです。
0dc792b2
 
どれだけ頑張ろうと働くフィールド内の限界を超えることは出来ず
逆に自分が誰かの為に剰余価値を生み出すだけのポジションになってしまうかもしれません。
 
それは今後、TPP並びにグローバル社会の波に今以上にのまれ始めたときに浮き彫りになってくるかもしれません。
その時に慌てても手段や解決方法がない可能性もあります。
 
大事なことは…
強いモノが生き残るわけではなく
賢いモノが生き残るわけではなく
変化に対応出来るモノだけが生き残る
この言葉が答えです。
人類 
世界も経済も人も仕事も常に変化を強いられてきています。
その中で貴方は何をしますか? 
 
この答えを導き出すセミナーを
8月31日(土)に開催させていただきます。

【東京】海外金融セミナー特別版

00
https://www.facebook.com/events/193569940816918/
 
8月31日に香港から特別講師をお呼び海外金融の実情か

「今すべき海外投資」

の講演をしていただく運びとなりました。香港で100億円以上の運用マネージメントを任せられてる会社の代表である
S氏から直々に直接海外投資の講演をしていただき

今すべきこと

に是非気づく機会にしていただければ幸いです。

本物の海外金融の魅力とチャンスを知る絶好の場を必ず活かしてください

 
 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom