banner-article-top

モノに値段が付いているは何故?

6a7252a9ed43cc46872cfb7aa5eaa30e【何故人間は豊かなのか】
6a7252a9ed43cc46872cfb7aa5eaa30e
その理由は人間にモノを交換するという性質があるからです。

自然界ではほとんどの種の個体が成長すると独立する為に他の生物の助けを必要としません。
 
しかし、自然界に比べて個体の身体能力で劣る人間は生き抜く為に他者の助けを必要とする種です。
そして、全ての種にも言えることですが能力には多少なりとも個体差が存在します。
 
例えば、仮の得意な人間と弓作りが得意な人間がいたとします。
当然狩りの得意な人間は多くの獲物を捕らえることが出来ますが

狩りが得意ではない人間は獲物を捕らえることに苦労することになります。
 
ここで人間の慈愛の心があるのなら余分な分を分けてもらえる!!

と考えるでしょうが
世の中はそんなに甘くありません。
 
人間には「貯蓄する」という知惠があり

狩りの様に収穫が不安なモノで生計を立てているので当然蓄え(貯蓄)も必要になってきます。
 
しかし、狩りが出来なければ分け前にすがるしかなく情だけに訴える方法は非効率と言えます。
そこで人間はある別の発想が必要となったのです。
 

【生き抜く為の知惠】

default
そして、行き着いたのが

「相手の利己心に訴える」

という方法です。

 
つまり、「取引」や「交換」の始まりです。
この様に私たちは自分の求めている行動が相手の利益となることを伝えて

自信の望む結果を得ているのです。
 
私たちが日頃多様な食事が出来るのも

周りの人達が自身の利益を追求し手いるからなのです。
そして、この交換の原理こそが

我々の労働における「分業」の起源となっているのです。
 
こうして交換が成立するようになると
やがて、あることに気づく用意成っていきます。
 
自分で狩りをするよりも自分の弓を相手に譲った方が獲物が手に入りやすい
すると、次第にそれぞれが一つの労働に専念するようになっていきます。
 
このように人間の労働にの専門化が進んでいくことで
人間の個々の能力や才能が完成されていきます。
 
これは、人間が他の動物と違って個々の違いを活かし役立てるコトが出来る為です。
こうして交換と分業によって大きな利益が得られるコトが分かると
全ての人間が交換を行うようになります。
 
しかし初期の交換ではある障害がありエーエムした。
それは「交換の量」が対等かどうかという問題です。
 

【そもそも価値って?】

o0400033412103463233_20130523164544
お互いが余分に持っている状態やほしいモノに対しての価値感で交換が出来たり出来なかったりしていきます。
 
そこで人間は交換が成立しやすいように
様々な商品を生み出して行くわけですが
更にスムーズに交換が行えるように共通の対価をもちいるようになります。
 
初めの方は主食の穀類や塩、貝などで代用していましたが
やがて金属などが用いられるようになりました。
 
金属は長期保存がきくうえに変形、分割も自在な為に使用され
更に調整を重ねて生まれたのが硬貨です。
 
こうして、硬貨の誕生で現代のようにお金とモノを交換する社会が確立されました。
それによって、更にある概念が追求されるようになりました。
 
それは、モノが売買・交換されるときに守られるべき基準…

つまり「価値」の問題

人間が交換に使うモノの価値を測る際には実は2つの意味が含まれています。
 
無題12
 しかし、この二つの価値は相対的価値観である為
この様な一般的な定義はたてられても実際の価格は常に変動しています。
無題789
 
 
ココで質問です。 
私たちは何をもって…

価値を決めているのか?

 
明日は、価値の定義について紐解きながら
労働の価値、モノの価値を理解していきましょう。
 
今後、事業をしていきたい方はこの考えた方は非常に大事になっていきますので
是非ご購読下さい。
 

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。