banner-article-top

☆変わった社内制度自慢大会☆

9889068手当や休暇制度以外にも、日本でうちの会社だけ!?と言えるような変わった社内制度を持つ会社があります。
最終日の今日は全国面白社内制度自慢として、ユニークな社内制度を一挙紹介します。
(参考サイト DIME オモロイ会社が増えている理由;http://urx.nu/46T8
 
●社内専用の貨幣制度がある Byサイブリッジ
10117452537
こちらの会社には社内通貨「シブリ通貨」が存在するそうです。
1シブリは1円で、グループウェア内の専用ページに個人ごとの通帳が存在し、そこで振り込みができる仕組み。
借りた飲み代や立て替えてもらった食事代をネット上で清算できるとして好評を博しているそうです。
 
●子供の入学時にランドセルをプレゼントBy SONY
images (1)
創業者が戦後の1959年から始め、今年で53回目を迎えたこちらの制度。
贈られたランドセルの累計数は21418個にのぼり、親子2でランドセルをもらった社員もいるそうです。
 
●社内に着ぐるみが常備「着ぐるみ福利厚生」。 Byギャプライズ
gaprise_logo
社内にきのこなど全10種の着ぐるみが用意されていて、好きなものを着用しながら仕事が出来ます。
  
●まるで学校 毎日席替え制度 Byカルビー
calbee_logo_jp
毎日、当日の業務に合う席をコンピューターがくじで決め、席替えする制度です。
各席には滞在時間制限もあり、日に最低2回は席を替わるというから驚きです。
意外にもタイムマネージメント意識が育つため集中力は向上して高い効果を発揮しているそうです。
 
●まかない隊がランチを無料提供! Byはてな
images
フードコーディネーターが作る健康志向のできたてランチを無料提供してくれる嬉しい制度。毎日ランチで悩むことが無くなり業務効率も上昇。役職関係なく皆で食卓を囲むため、社員同士の交流にも貢献しているそうです。
 
●無人島でサバイバル精神を養う研修 By日清食品ホールディングス
 
日清では「骨太の管理職育成」を掲げ、新任管理職を対象に「無人島サバイバル研修」、「山修業」などを実施しています。支給されるのは日清のロングセラー商品であるチキンラーメンと水のみ。過酷な状況下で、“生きる力”を鍛え、“食”の大切さにも気づくことができる研修なんだとか。
 
100万円が当たる!社内年末ジャンボ宝くじ By日本食研
1481
1年の最後に1100万円が当たるという宝くじを会社がやってくれるのです。
この宝くじ費用はなんと1500万円!
さらに年明けには“家族向け”にくじを配布し、お年玉をもらえるというから何とも太っ腹な制度です。
 
●年に一度お客さんになれる日 Byオリエンタルランド
201112281450060a1
ディズニーランドを運営するオリエンタルランドにはサンクスデーという日が設けられていて、年に一度、この日は日頃の感謝の意をこめ、本社の役員・社員がキャストとなり、準社員であるパークのキャストがお客さんとして閉園後のパークを思う存分楽しめます。
 
●目標達成したら旅行に行かなくてはいけない Byリクルートエージェンシー
logo29
こちらはGoal In Bonus(略してGIB)という制度で、 年間で部門が定めた目標を達成するとインセンティブが支給される制度です。
4半期ごとに目標をクリアすると5万円が支給され、会社が通期で利益目標をクリアした場合には対象者全員にプラス5万円が支給されます。
すべての目標を達成すれば年間で25万円となります。
しかし、このインセンティブ支給ルールがユニークで「4名以上で1泊以上の旅行に行くこと」という条件なので、みんな旅行に出かけるという訳なのです。
 
ご紹介した制度はほんの一部。
まだまだユニークで社員のやる気を高める面白い制度はたくさんあります。
こんな会社がもっともっと増えてくれれば仕事も一層楽しくなりますね♪

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

ABOUTこの記事をかいた人

コックからFPに転身したという異色の経歴を持つ。2児の父。 不動産投資・税金対策・保険見直し・不労所得を得る方法など、 幅広い分野をカバーする知識で、5年で資産を30倍にしたお金のプロフェッショナル。 難しい金融のトピックもユーモアを交えてわかりやすく解説してくれると人気で、 セミナー受講者数は年間3000人を超える。 また、コンサルタントとして、会社社長から主婦まで、多様なお客様のライフプランニングを務めている。