banner-article-top

【貯金だけしてる人は要注意】お金を正しく増やす方法教えます!

 

ポートフォリオを設計しよう

吉永所長
これをポートフォリオと言いますね。

ポートフォリオとは

金融・投資用語としてのポートフォリオは、現金、預金、株式、債券、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧や、その組み合わせの内容(株式の銘柄などまで具体的に)を指しています。投資家はリスク管理のために自らの資産を複数の金融商品として分散することがあります。

このリスク管理については、よく「卵」と「かご」の話に例えられます。

スクリーンショット 2017-03-15 22.13.11

(引用 オリンパスききん

卵を1つのかごに入れてしまうと、そのかごが落ちたときにすべての卵が割れてしまいますが、1つずつ違うかごに入れておけば、たとえ1つのかごを落としてしまっても、ほかの卵は安全です。

このように、資産家もみずからの資産をさまざまな種類の金融商品に分けて投資することで、リスクヘッジを図っているのです。この投資を分散させること、またはその分散の組み合わせのことを、金融・投資分野ではポートフォリオと呼んでいます。

 

(参考 ポートフォリオとは – Portfolioの意味と3つの業界での使い方 | マイナビクリエイター

夏美
なるほど!円の他にドルを持っていれば、円安になった時、ドル高になるわけだから安心というわけね。
吉永所長
もちろん、ドル以外にも世界にはいろいろな通貨もありますし、投資商品もありますが初心者ならまずは、円とドルを半分ずつ持つことを目指すべきでしょう。

 

スクリーンショット 2017-03-15 21.03.28

 

夏美
まずは増やす前にリスクから守るということですね。

まとめ

日本の銀行に預金しているだけではリスク分散ができていないってことお分かりいただけましたでしょうか。

しかも、日本は超低金利時代。預金していても全く増えません。日本の銀行だけに預けているメリットは少ないです。

お金は守るのが先です!

そのために日本円以外の通過を持つというのは基本的な考え方。

日本の〇〇銀行に預金しているのはその銀行に投資していると一緒のこと。

何も怖がる必要はありません。

だからまずはポートフォリオを設計してリスクを分散させましょう!

そしてあなたの大事な資産を守りましょう!

l_027 

日本の金利政策や円安についてもっと詳しく知りたいという方へ

 

吉永所長の話をもっと詳しく聞いてみたいという方へ

banner-article-top

セミナー開催のお知らせ

banner-article-bottom

ABOUTこの記事をかいた人

阿部 詩音

「生きることにお金はつきもの!」をモットーに、生き方と働き方にまつわる「お金の知識」を分かりやすく解説している新米コラムニスト。 サービス業に従事している経験を活かし、ホスピタリティに満ちた分かりやすいコラムを得意とする。